食べる

宮崎の「アレッタ」でビアガーデン始まる 飲めない人が楽しめる工夫も

店長の横山聖志さん(右)と料理長の内田浩嗣さん(左)

店長の横山聖志さん(右)と料理長の内田浩嗣さん(左)

  •  
  •  

 宮崎市のバイキングレストラン「アレッタ」(宮崎市橘通東3、TEL 0985-31-3333)に5月15日、期間限定のビアガーデンがオープンした。

50種類の食べ物と100種類の飲み物が楽しめる「アレッタ」のビアガーデン

 今年で12年目となる同ビアガーデン。今年は「進化系ビアガーデン」をコンセプトに、ウッドデッキのオープンテラスのほか、雨でも利用できる屋根付きのパーゴラテラスなどを設け、くつろぎながら飲食を楽しめる空間づくりに注力したという。店長の横山聖志さんは「ビアガーデンというよりガーデンテラスのようなイメージを追求した。おしゃれで開放的な空間で非日常を味わってほしい」と話す。

[広告]

 2時間の食べ放題・飲み放題制。ビュッフェスタイルの料理は全てシェフによる手作りで、約50種類の料理が食べ放題となっている。ビアガーデン期間中は「イタリアフェア」(7月14日まで)と「フランスフェア」(7月15日~9月14日)を開催する。金曜・土曜・祝前日はバーベキュープレートが付く(そのほかの曜日は500円で追加可)。イタリアフェア開催中は牛肉のグリル「ビステッカ」や「サルシッチャ」などが入ったプレート、フレンチフェア開催中は肉や魚介類の串焼き「プロシェット」が入ったプレートを提供する。横山さんは「当店のビアガーデンは料理がおいしいことが強み。デザートも全て手作りで、これだけ豊富に種類がそろうビアガーデンもなかなかないのでは」と話す。

 アルコールドリンクは、生ビールや焼酎などに加え、フレーバービールや女性限定の特別カクテルなど50種類をそろえる。アルコールを飲まない人も楽しめるようにと、メイソンジャーで提供するノンアルコールカクテルやスムージー、宮崎市内のコーヒー店「恋史郎コーヒー」監修のブレンドコーヒーなど50種類のノンアルコールドリンクも用意する。横山さんは「ビアガーデンに行ったことがない人も、行ったことがある人も、当店に来て他店との違いを体感してほしい。テラスで食事を楽しむイメージで利用してもらえたら」と話す。

 営業時間は17時30分~23時。料金は、日曜~木曜・祝日=4,000円(中高生=2,500円、小学生=1,500円、小学生未満=1,000円)、金曜・土曜・祝日=4,500円(中高生=3,000円、小学生=2,000円、小学生未満=1,500円)。3歳以下無料。

  • はてなブックマークに追加