見る・遊ぶ

宮崎でピアニスト・横山起朗さんコンサート 会場の演出も手掛ける

ピアニストの横山起朗さん

ピアニストの横山起朗さん

  •  
  •  

 宮崎市と東京、ポーランドを拠点に活動するピアニスト・作曲家の横山起朗さんが11月27日、メディキット県民文化センター(宮崎市船塚3)で、県内で活躍する演奏家4人とともにコンサート「‘noc’(ノツ)」を開く。

ライブ・コンサート「‘noc’(ノツ)」のフライヤー

 横山さんは宮崎市出身。武蔵野音楽大学在学中に「他のクラッシック演奏家があまり行かない国の音楽に触れてみたい」とポーランド国立ショパン音楽大学に留学。同地でピアノを3年間学んだ。「肩と指先で弾く演奏法など、これまで経験したことのない奏法を知ることができた。そのおかげで、柔らかな音色を奏でられるようになった」と横山さんは話す。現地では独学で作曲や即興の研鑽(けんさん)も積み、2年ほど前の一時帰国中には、オリジナル曲を中心としたリサイタルを故郷・宮崎で開催した。

[広告]

 横山さんのオリジナル楽曲は、クラシックの要素の中に即興音楽を融合するのが特長。帰国時のリサイタルの際に「宮崎でもそういった音楽を好む人はいる。聴ける場をもっと増やしていきたい」と感じ、昨年11月、宮崎に拠点を移した。

 今回のコンサートのコンセプトは、ポーランド語で「夜」を意味する「‘noc’(ノツ)」。フェイスブックページで、コンセプトをイメージして制作した告知動画を紹介し、当日は会場内の照明を極力抑えた独創的な空間づくりに力を入れるなど、横山さんはコンサートの演出家としても携わる。宮崎をより感じられる演奏にもしたいと、ギタリスト・川名秀二さん、バイオリニスト・日高慶子さん、チェリスト・浜砂なぎささん、写真家でドライフラワーなど使った空間づくりなども手掛ける濱川大幸さんの4人の県内アーティストに協力を仰いだ。「ぜひ会場に足を運んで、それぞれの『夜』を想いながら音色を楽しんでほしい」と話す。

 当日は横山さんのニュー・アルバム「SHE WAS THE SEA」の先行発売も行う。

 開場=19時、開演=19時30分。チケット料金は前売り=3,000円、当日=3,500円。問い合わせはisquiet(イズクワイエット)のメール(info@isquiet.com)または電話(050-5329-9862)で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加