食べる

宮崎・田野町に焼き芋専門店「宮崎ハニーイモ」 糖度50度以上の宮崎産ブランド芋を使う

「手間暇かけた甘いハニーイモをぜひ食べてみてほしい」と話す同店スタッフ

「手間暇かけた甘いハニーイモをぜひ食べてみてほしい」と話す同店スタッフ

  •  
  •  

 宮崎市田野町に焼き芋専門店「宮崎ハニーイモ」(宮崎市田野町甲6027、TEL 0985-86-5077)がオープンして3カ月を迎えた。

自然の甘みが特徴の「宮崎ハニーイモ」

 延岡市出身の店主・斧龍一郎さんが家族で経営する同店。斧さんは「宮崎県のブランド芋である『宮崎ハニーイモ』の卸売り販売に携わり、その魅力を知った。多くの人に『宮崎ハニーイモ』を一番美味しい食べ方で味わってもらいたいと思い、焼き芋店を開店するに至った」と話す。

[広告]

 同店では、田野町の「みやざき有機農園」で有機堆肥で栽培した「宮崎ハニーイモ」の中でも、糖度50度以上の芋をだけを取り扱う。斧さんは「『宮崎ハニーイモ』は甘みが強く、焼くと蜜が溢れ出し、しっとりと滑らかな食感が特徴。元々甘みの強い芋だが、生のまま熟成させ、さらに2~3時間かけて焼くことで、一段と甘みが増す」と説明する。

 メニューは「宮崎ハニーイモ」などの「焼きいも」(100g=100円)、スティック、サイコロ、チップスの3種から選ぶことができる「揚げいも」(100g=120円)、「ハニー焼きいもソフト」(350円)、ホットコーヒー(150円)など。

 田野町の10号線沿いに店を構える。仕事帰りのサラリーマンや年配のお客さまが購入される等、年代を問わず、リピーターも多いという。

 斧さんは「開店以降、仕事帰りのサラリーマンから年配のお客さままで、幅広い世代の方にお越しいただいており、リピーターも多い。こだわりの手間暇かけた焼き芋をぜひ味わってほしい」と話す。

 営業時間は午前10時~18時。

  • はてなブックマークに追加