暮らす・働く 学ぶ・知る

宮崎・串間で産学官の包括連携協定締結 地域経済団体が「学びのフィールド」に

立会人である串間市議会議長の山口直嗣さんを中心に握手を交わした

立会人である串間市議会議長の山口直嗣さんを中心に握手を交わした

  •  

 宮崎県の串間市教育委員会が1月22日、次世代を担う人材の育成や地方創生の基盤づくりとして、産学官による包括連携協定を締結した。

教育指導監の阿部泰宏さんが事業の構想について説明した

 「串間の大人がみな教材!」をスローガンに、新たな基本構想を策定した同委員会。串間市や、串間市商工会議所をはじめとする地域経済団体が「学びのフィールド」となり、県立福島高等学校や小・中学校を地域ぐるみでサポートする。

[広告]

 調印式では、串間市(島田俊光市長)、串間市経済団体を代表とする串間市商工会議所(堀口勝郎会頭)、宮崎県立福島高等学校(川越勇二校長)、同教育委員会(吉松俊彦教育長)の4者が協定書にそれぞれサインをした。教育委員会が入った包括連携協定は県内初。

 今後の取り組みとして、職場体験学習や調査・研究の場の継続的な提供や、アドバイザーとしての支援などを実施。その学びを通して地元就職やUターン、地元での起業への思いなどを喚起する。

 同教育委員会内には連絡調整役(パブリックコラボレーションコンシェルジュ)を配置し、地域と学校のスムースな連携を目指す。教育指導監の阿部泰宏さんは「串間で生きて働く大人と積極的に関わることで、串間市の真の魅力を知ってほしい。未来の串間市を支える人材育成に努めていきたい」と意気込む。