食べる

宮崎の「bar gifter」が1周年 和歌山出身の移住男性が経営

「ぜひ気軽に足を運んでほしい」と話す浜根さん

「ぜひ気軽に足を運んでほしい」と話す浜根さん

  •  
  •  

 宮崎市のバー「bar gifter」(宮崎市千草町8、TEL 0985-72-7799)が、オープンから1周年を迎えた。

月替りで提供するカレーはルーから手作りする

 2017年7月、市内の繁華街である「ニシタチ」のニュー六本木ビルにオープンした同店。店主の浜根冬馬さんは和歌山県出身で、地元の銀行に勤務した後、北米に渡り飲食店で修行を積んだ。浜根さんは「宮崎は前職の飲食店の姉妹店があったことが縁で、この場所で独立することになった。宮崎は私のような移住者も温かく迎え入れてくれ、愛情深い人も多い」と話す。

[広告]

 オープン当初は、浜根さん自身も宮崎に知人はほとんどおらず、ゼロからのスタートだったという。浜根さんは「初心者オーナーでもなんとか頑張っていこうと、営業前にニシタチの飲食店を渡り歩いたり、関係性づくりに多くの時間を割いた。徐々に店のファンが増えるのが嬉しく、良い店を作っていこうというモチベーションに繋がった」と話す。オープン時は、業者からのお祝いのみだったが、先月の開店1周年には多くの客からお祝いが贈られたという。

 3時間の飲み放題制(3,000円)をとる同店では、「レーベンブロイ」の生ビールのほか、ウイスキー、焼酎、ワイン、カクテルなどを多数取り揃える。「その時々で仕入れているラインナップは異なるが、飲み放題と言えど酒の種類にはこだわっているため、アルコールの種類の多さに驚かれるお客さまも多い」と浜根さん。フードも各種(500円~)取り揃え、月替りのカレーやパスタは手作りで提供する。

 浜根さんは「幅広い世代の人が集える店にしたい。来店してくださったお客さまを労えるような場所になれば」と話す。

 営業時間は21時~翌5時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ