食べる

宮崎で日之影町の食材を使った「秘密の晩餐会」 「こんにゃく唐揚げ」など珍メニューも

主催者の日之影町地域おこし協力隊の重信誠さん

主催者の日之影町地域おこし協力隊の重信誠さん

  •  
  •  

 宮崎県日之影町の食材を使ったイベント「ひのかげ秘密の晩餐会」が11月15日、宮崎市の「カリーノ宮崎」地下1階の「ラディッシュセブン」(宮崎市高千穂通東4、TEL 0985-78-0077)で開催される。主催は同町の地域商社SEWANE(せわね)。

日之影町の特産品「こんにゃく唐揚げ」

 日之影町は木材の流通で栄え、高低差の大きい渓谷のある地域。近年は登山などを目的とした観光客が増加している。今回のイベントでは同町の特産品であるクリやユズ、キンカンなどをはじめ、「こんにゃく唐揚げ」やジビエなど珍しいメニューも楽しむことができる。

[広告]

 当日は生産者のトークショーや、県内で最も歴史のある酒造会社の姫泉酒造による焼酎に関するプレゼンテーションも予定する。

 SEWANE代表で同町地域おこし協力隊の重信誠さんは「日之影は隣接する高千穂を訪れる人が必ず経由する場所だが、役場や温泉駅のある中心部に足を運んだことがないという人は多いと思う。イベントをきっかけに日之影のさまざまな食材や、地形の魅力などを知ってもらい、観光に来るきっかけにしたい」と話す。

 開催時間は19時~21時。参加費は5,000円。定員は50人。当日はコース料理制でドリンクは飲み放題。予約はラディッシュセブンで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加