食べる 見る・遊ぶ

宮崎市「百姓うどん」で高さ70センチのレインボーかき氷 「宮崎のスカイツリー」目指す

「レインボーかき氷で使用するシロップの種類は企業秘密」と話す店長の岩切さん

「レインボーかき氷で使用するシロップの種類は企業秘密」と話す店長の岩切さん

  •  

 宮崎市の百姓うどん(宮崎市大塚町乱橋4502)で名物となっている高さ70センチ、重さ約3キロとなるかき氷のラインアップに、レインボー味が加わり話題となっている。

70センチのレインボーかき氷、スマートフォンと比べてみると……

 「レインボーかき氷」(650円)は、赤、青、黄、緑といった数種類のシロップが使用され、様々なフレーバーを楽しむことができる。

[広告]

 「人気メニューのかき氷は36年前から販売。当時は30センチだったが、毎年少しずつ高くなっていった。最近までは、東京スカイツリーの634メートルに合わせ、63.4センチとしていたが、現在では70センチに到達。夏の時期は1日100杯売れるかき氷のなかで、一番人気の味となった」と店長の岩切宗百さんは話す。

 70センチもの高さとなるため、座ったままではかき氷を食べることができない。両手でお椀を一つずつ持って挟み込み、片方のお椀に移して食べていく。

 「この暑い夏は、東京のスカイツリーやレインボーブリッジに行くのではなく、宮崎のスカイツリー&レインボーブリッジ(レインボーかき氷)を食べに来て欲しい」(岩切さん)

 かき氷の販売は10月まで。営業時間は7時~19時。火曜定休。