食べる

宮崎・日南の「南いちご農園」が夏季限定カフェ かき氷などのイチゴスイーツ提供

「いちごまるごと削り」

「いちごまるごと削り」

  •  

 宮崎県日南市北郷町の「南いちご農園」が6月30日から、夏季限定でカフェ「ジャム工房coto coto cafe」(日南市北郷町郷之原甲、TEL 090-8401-5373)をオープンさせる。

 同町の蜂の巣キャンプ場内に構える同農園。「ジャム工房coto coto cafe」は、イチゴのシーズン以外でもイチゴを楽しんでほしいと、一昨年からオープンしている。

[広告]

 メニューはイチゴのスイーツをメインに提供。「いちごまるごと削り」(540円)は、凍ったイチゴをかき氷のように削り、練乳とイチゴのコンポートをかけて食べるというもの。南いちご農園の園主の南浩二さんは「イチゴは急速冷凍することで細胞が壊れにくく、水っぽくならないため、優しい口当たりに仕上がっている」と話す。ほかにも、イチゴのフローズンやブルーベリーソーダ、イチゴソースをかけたバニラアイスなどを用意。ジャムやコンポートなど、持ち帰りできる商品も揃える。

 南さんは「日南の観光ついでに立ち寄る方が多い。『いちごまるごと削り』は、今後県内のイベントでも提供予定なので、ぜひ味わってほしい」と話す。

 オープン期間は9月30日まで。土・日・祝日のみの営業で、営業時間は11時~16時。