食べる 見る・遊ぶ

宮崎県産マンゴーを使う「マンゴーハニートースト」期間限定で提供

「ランチ後のデザートにみんなでシェアして」と話すシェフの佐々木さん

「ランチ後のデザートにみんなでシェアして」と話すシェフの佐々木さん

  •  
  •  

 宮崎駅に隣接するJR九州ホテル宮崎内のレストラン「3106KITCHEN(サンテルキッチン)」(錦町1、TEL 0985-44-3106)が、県産マンゴーを使用した「宮崎マンゴーハニートースト」を5月1日から期間限定で提供している。

期間限定メニューの「宮崎マンゴーハニートースト」

 同商品は、4月28日から5月13日まで宮崎で開かれた「宮崎国際音楽祭」の応援イベントにあわせ開発されたもの。音楽祭終了後もランチタイムのメニューとして900円で販売する。同店のシェフでマネージャーの佐々木誠さんは「この季節ならではの旬の食材で、来た人に喜んでもらえるメニューをと考案した」と話す。

[広告]

 食パンは1斤の半分を使用し、内側にはちみつとバターを塗ってトーストしている。国富町の契約農家から届くフレッシュなマンゴーと、宮崎の牛乳屋「白水舎乳業」のソフトクリームがうず高くトッピングされ、見た目もフォトジェニックな仕上がりに。佐々木さんは「食後でもあっさり食べられるように、クリームチーズで後味を爽やかに仕上げた」と話す。

 この日、店を訪れ同メニューを注文した客は、「宮崎のマンゴーを食べることができてよかった。クリームチーズが爽やかで、トッピングが生クリームではなくソフトクリームだったので、食後でもあっさり食べられた。トーストもさくさくでおいしい」と笑顔で話した。

 佐々木さんは「はちみつとバターのトースト、それにソフトクリームのコクとクリームチーズの爽やかさが上手く絡み合って、マンゴーのおいしさを引き立てている。今の時期しか味わえない宮崎のおいしい食材のコラボレーションをぜひ味わってほしい」と話した。同メニューの提供はマンゴーのシーズンが終わる9月末までを予定している。

 ランチの営業時間は11時~14時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ