食べる

宮崎市若草通りにカレー専門店「ヤマギシパーキング」 元ウェブディレクターが出店

ねぎ好きさんのねぎまカレー

ねぎ好きさんのねぎまカレー

  • 22

  •  

 宮崎市の若草通りにカレー専門店「ヤマギシパーキング」が11月8日、オープンした。

店舗外観と店主のヤマギシイクロウさん

 クラフトビール専門店「BeerMarket BASE」を間借りしてランチタイム営業のみ行っている同店。女性客が多く、近隣のオフィスで働く人々も多く訪れるという。

[広告]

 店主のヤマギシイクロウさんは「場所を貸してくれた『BeerMarket BASE』店主の松田温郎さんとは5年以上前からの付き合い。オープン前にカレー作りの勉強をしているという話をし、食べてもらう機会があり、松田さんに気に入ってもらったことをきっかけに『うちでやってみませんか』と声を掛けてもらった。せっかくいただいたチャンスを生かそうと起業に踏み切った」と話す。

 ヤマギシさんは元ウェブディレクター。立ち上げメンバーとして入社し9年勤めたウェブ制作会社を10月に退職し、同店をオープンした。かつては料理人を目指していた時期もあり、料理がとても好きだったことと、カレーが大好物だったことで、2年ほど前からスパイスの勉強を兼ねて家でカレー作りを始めたという。

 メニューは日替わりで、肉系のカレー、変わり種のカレー、ビーガン対応のカレーなどを常時3種類ほど用意している。看板メニューの「ねぎ好きさんのねぎまカレー」(900円)は、鶏肉を別で焼いて入れているため、肉のプリッとした食感と、長ネギのとろとろ感を楽しめるカレー。このほかトッピングも用意する。

 ヤマギシさんは「スパイスカレーの魅力は、無限大に掛け算ができること。食材との兼ね合いなどでもまた組み合わせが倍増するところが、奥深くおもしろいと思う。ビーガンカレーは、ビーガンの方の考え方を知り感銘を受け、地球環境のために協力できることにも挑戦したいと思い立ちメニューに加えた。植物性の食品のみで作っているが、ボリュームもありしっかり満足していただけるメニューになっていると思う」と話す。

 「トッピングはネギジャコが人気。辛いもの好きの人には、辛味スパイスをブレンド『追い辛』もお薦め。週替わりでメニューを提供しているので、飽きずに楽しんでもらえると思う。訪れる方に驚きと楽しさをお届けしたい。ゆくゆくは宮崎名物になるようなカレーを作っていきたい」とも。

 営業時間は11時30分~14時30分。月曜・日曜定休。