見る・遊ぶ

宮崎の大道芸人「ジャグラーひがちゅう」さんが出張ジャグリング・バルーン教室

ひがちゅうさんのボールを使ったパフォーマンス

ひがちゅうさんのボールを使ったパフォーマンス

  • 22

  •  

 宮崎を拠点に活動するプロの大道芸人、ジャグラーのひがちゅうさんが現在、出張ジャグリング・バルーン教室の依頼を受け付けている。

パフォーマンスを披露するひがちゅうさん

 鹿児島出身で宮崎県在住のひがちゅうさんは、宮崎を拠点に、祭りやイベントなどでボールや中国ゴマ、バランス芸の「ローラーボーラー」を披露しながら、トークを交えたパフォーマンスで観客を楽しませるジャグラー。2007(平成19)年にデビューし、同年に「九州ストリートパフォーマンスフェスティバル最優秀賞受賞」を受賞。2012(平成24)年には「ハウステンボス公認パフォーマーライセンス」を取得した。

[広告]

 今年は新型コロナウイルスの影響で、2月中旬を最後に仕事のほとんどがキャンセルになった。ひがちゅうさんはコロナ禍で何かできることはないかと考え、「新たな体験型エンターテインメント」としてジャグリングの業を教える教室の事業に乗り出した。

 ひがちゅうさんは「ジャグリングとは、さまざまな道具を操るパフォーマンスで体を動かすことでストレス発散ができ、体力維持にもなる。受講後は家にいながら1人でも楽しむことができ、業をマスターすることで特技になる。今回の教室プログラムはコロナ禍の期間限定で実施する予定」と話す。

 教室の開講は、受講者全員が対人距離を1メートル以上確保できる屋内・屋外で、換気できるという条件を満たせば、依頼できる。指導はマンツーマンでも可能。「ボールジャグリング」「ツイストバルーン未経験者向け」の2コースを用意する。ボールジャグリングは、各自テニスボールを3個持参すれば受講できる。

 ひがちゅうさんは「以前、ショーが終わった後、障がいのあるお子さんの家族から『この子が笑ったのを久しぶりに見た』と喜びの声を頂いたこともある。パフォーマンスには、心の底から人を喜ばせる要素がある。体験型教室を気軽に利用して、家族や友人と楽しんでほしい」と話す。

 講習費は1回2時間=6,000円。市外への出張は別途交通費、バルーンは実費が必要。完全予約制。問い合わせは電話(090-6633-3037)、またはホームページで受け付ける。