3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

宮崎・日南で中高生向け起業体験プログラム eコマースの「BASE」が協力

主催者の羽田野さん

主催者の羽田野さん

  • 184

  •  

 中高生を対象にした「にちなん起業体験プログラム」が7月19日、「日南市創客創人センター」(日南市岩崎3)で開催される。主催は日南市ローカルベンチャー事務局。

「にちなん起業体験プログラム」のチラシ

 中高生が起業家となり、本物のお金を使って自分たちで事業を立ち上げる体験プログラム。実際に事業計画を立て、元手となるお金を集め、商品を準備してオンラインショップを経営する。現在参加者を募集しており、プログラムは7月から12月にかけて全6回実施する。初回となる7月19日は、7人程度のチームをつくり、事業のアイデアを話し合い、計画を立てる。

[広告]

 日南市ローカルベンチャー事務局の教育企画担当の羽田野祥子さんは、日頃から個人で「地方と都市部の教育格差を解消する」ため、子どもたちの教育に携わる。日南・串間地域で中高生が働くことに触れるキャリア体験プログラム「まちのジョブシャドウイング」を企画、開催したこともある。

 羽田野さんは「都市部では組織の中でスペシャリストとして働くこともできるが、地方では自営業も多く、幅広く対応できる能力、自分で事業を生み出す力が求められる。また、地方では中高生が起業を志せる機会が少ないため、今回のプログラムが中高生の選択肢を広げるきっかけの一つになればうれしい」と話す。

 同プログラムには、100万店以上のショップが開設されているeコマースプラットフォームを運営する「BASE」(東京都港区)が協力し、参加者はショップの運営方法についてオンラインで直接レクチャーを受ける。事業に対して起業家や専門家からさまざまなアドバイスを受けることもできる。

 羽田野さんは「『自分が何をして喜ばれることにモチベーションを感じるのか、働く上で大切にしたいものは何か』、『どうやって物事に付加価値を付けて利益を上げるのか』ということを参加者に学んでもらいたい。学校の中だけでは物足りなさを感じている中高生にぜひ参加してほしい」と話す。

 募集人数は先着順で20人。日南市外からの参加も可能。参加無料、模擬出資金として3,000円が必要。参加条件は、原則全日程に参加できること。新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、プログラムの一部をオンラインで実施する可能性があるためオンラインの環境も必須。問い合わせは羽田野さん(TEL 090-7294-2399)まで。

Stay at Home