3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

宮崎・高鍋の和菓子店「長谷川だんご」がアマビエ焼印のどら焼き

河野喬さんによるアマビエのデザインを採用したどら焼き

河野喬さんによるアマビエのデザインを採用したどら焼き

  •  
  •  

 アマビエの絵の焼き印を付けたどら焼きを現在、「長谷川だんご 高鍋店」(高鍋町北高鍋、TEL 0983-22-5400)が販売している。

店頭ではどら焼きに描かれたアマビエの塗り絵も配布している

 取締役の長谷川ゆり子さんがアマビエの伝説を知り、どら焼きの焼き印として使いたいと発案。店のロゴマークなどを手掛けるデザイナーの河野喬さんがデザインした。河野さんは「ほほ笑ましく、チャーミングな絵柄にした」と話す。

[広告]

 販売しているどら焼き(大=140円、小=108円)は、北海道産の小豆を使った、あんこ職人の小幡寿康さん直伝のつぶあんを採用。あん練りの作業は長谷川修身社長が担う。皮は妻のゆり子さんが焼き、娘の麻衣さんが店頭で販売する。

 長谷川ゆり子さんは「当店のどら焼きは以前から宮崎県観光遺産にもなっている『高鍋大師』の石像のゆるキャラ『たか鍋大使くん』の焼き印のものを販売していたが、最近はアマビエの指名買いも多い。どら焼きを食べてほっこりとしてもらいたい」と話す。

 営業時間は9時~18時。

Stay at Home