3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

宮崎のイラストレーターが「私は〇〇です!」表明カード 新型コロナ受け企画

起案者のタニカワみおさん

起案者のタニカワみおさん

  •  
  •  

 花粉症などの人向けに自身の症状を説明する「表明カード」のデータの無料配布を3月8日、宮崎在住や出身のイラストレーターで作るアートグループ「ミヤポス」が始めた。

アザラシのキャラクターを採用した「私は花粉症です」カード

 カードは「私は花粉症です。うつりません」「私はぜんそくです。うつりません」などを記載したデザインとなっている。制作したのはミヤポスのメンバーなど11人。起案者であるイラストレーターのタニカワみおさんは「新型コロナウイルスの影響でマルシェやイベントなどの自粛が相次ぎ、仕事の機会を失っているイラストレーターは多い。気落ちしているメンバーを見て、イベントがなくなって空いてしまった時間で何かできないか考えた」と話す。

[広告]

 タニカワさんは、バスの中や食堂、店などでせきやくしゃみをすると怪訝(けげん)なまなざしを浴びたり、ピリピリとした雰囲気になってしまったりしていることをニュースで知り、カードの制作をメンバーらに提案。声を掛けるとすぐに賛同者が制作に取り掛かり、一晩で26作品が完成した。作ったカードをフェイスブックにアップすると、1日半で約1300の「いいね!」が付いた。

 タニカワさんは「イベントが中止になりアーティストが自分の作品をアピールできる場がなくなった。この表明カードを見てもらうことで、『こういうアーティストがいるんだ』と知ってもらえたら」と話す。

 表明カードはウェブサイト「みやざき情報まとめ」から無料でダウンロードでき、A4用紙に印刷して名札に入れて使うことができる。

Stay at Home