食べる 見る・遊ぶ

宮崎の大淀川沿いでイベント「おおよどがわリビング」 飲食店など出店

来場を呼び掛ける今西正さん

来場を呼び掛ける今西正さん

  •  
  •  

 イベント「おおよどがわリビング~社会実験 水辺パーティへようこそ~」が11月24日、宮崎市の大淀川河川敷(宮崎市鶴島1)で開催される。

公園のようにくつろげる大淀川の河川敷

 国土交通省の宮崎河川国道事務所が水辺の利用促進を図る「ミズベリング宮崎」の社会実験として開催する同イベント。大淀川リビング実行委員会の委員長で、企画に協力する市内のカフェ&コワーキングスペース「若草HUTTE」の今西正さんは「市街地を流れる大淀川は、川沿いの気持ちの良い公園と美しい景観が魅力だが、街中にいてもなかなか川沿いの空気感を楽しむ機会が少ない。大淀川沿いの魅力を体験してもらいたいと思い、イベントを企画した」と話す。

[広告]

 当日は宮崎観光ホテル周辺をはじめとした大淀川河川敷を会場に、さまざまな催しを行う。宮崎観光ホテルの「河川敷ランチテーブル」では、予約制でランチを提供。1人=2,000円で、ワイン持ち込み自由。ほか、チョークアート体験をはじめとしたワークショップ、SUP体験やカヌー体験、ヨガといったアクティビティも用意する。午前中には宮崎大学気球部OB・OGによる熱気球係留体験を行う。

 会場には市内をはじめとした飲食店が多数出店。「COFFEE ROASTER HAMASAKI」のコーヒーや「chocoholic roastery」のチョコレートドリンクといったカフェメニューから、「しゃくなげの森」のヤマメの塩焼き、「宮崎観光ホテル」のパンなどの食事メニュー、「BMB Brewery」のクラフトビールなどのアルコールも提供する。

 今西さんは「大淀川沿いの河川敷は市内の公園と同じように、訪れた人が自由に自分の時間を過ごすことができる場所。イベントをきっかけに、今後もふらっと川沿いに立ち寄ってみようと思う人が増えるとうれしい」と話す。

 開催時間は10~17時。市役所の駐車場を利用可。雨天時は橘橋の下で開催し、アクティビティは中止。リバーサイドテーブルの定員は約20人。申し込みはメール(oyodogawaliving@gmail.com)で受け付ける。熱気球係留体験の開催時間は8時~10時。受け付けは市役所河川敷駐車場奥側で、9時まで。

  • はてなブックマークに追加