見る・遊ぶ 学ぶ・知る

図書館で服作り 宮崎の都城市立図書館でワークショップ

参加を呼び掛けるファッションラボスタッフの鈴木さん(右)と川畑さん(左)

参加を呼び掛けるファッションラボスタッフの鈴木さん(右)と川畑さん(左)

  •  
  •  

 ファッションデザイナーとの服作りワークショップ「ファッションを作る楽しみ」が8月1~3日の3日間、宮崎の都城市立図書館(都城市中町、TEL 0986-22-0239)で開催される。

2018年に開催したワークショップの様子(提供=都城市立図書館)

 2018(平成30)年に開館した同施設は、「ひとりひとりが“だいじなもの”をみつけていくために」というコンセプトの下、従来の図書館にはない施設を備える。2階に設けられた「ファッションラボ」もその一つで、10代の自己表現を助ける場として、専門スタッフが定期的にワークショップを開催している。

[広告]

 ワークショップは、「自分を表現してみる」をテーマに、シルクスクリーンというプリント手法やミシンを使ってプロのファッションデザイナーと服作りを行う。講師を務めるのは、ファッションブランド「spoken words project」を主宰する飛田正浩さん。同ブランドは、1998年東京コレクションに初参加。手作業を生かした染めやシルクスクリーンプリントを施した服作りに定評があり、ファッションラボの監修も務めている。

 当日サポート役を務めるファッションラボスタッフの鈴木あかりさんは「自分を表現することが難しいと感じる10代は多いと思う。今回はプロのファッションデザイナーと一緒に、3日間かけて思いっきり自分を表現することができる。参加者には自分を表現することと、ファッションを作る楽しさをぜひ体験してもらいたい。裁縫や作ることが苦手でも大丈夫なので、ぜひ気軽に応募してほしい」と呼び掛ける。

 対象は13歳~19歳の女性。定員は12人。参加無料。申し込みは同図書館2階そうだんカウンターまたは電話で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加