見る・遊ぶ

宮崎・青島で「をかしなfestival」 県出身の歌手らが「凱旋ライブ」

「ぜひ足を運んでほしい」と話す森松宏介さん(写真左)と看護師シンガー涼太さん

「ぜひ足を運んでほしい」と話す森松宏介さん(写真左)と看護師シンガー涼太さん

  •  
  •  

 音楽やサッカーをテーマにしたイベント「をかしなfestival in青島」が6月15日、「イベントホール青島」(宮崎市青島2)で開催される。

イベント告知ポスター

 主催する「をかしな編集部」は、フリーで活動する富山出身の歌手やライター、デザイナーが立ち上げたクリエイティブチーム。「をかしな編集部」を運営するビッグノーズの森松宏介社長は「芸能やクリエイティブ業界で働きたくても、地方ではなかなかチャンスがない。『をかしな編集部』は、そんな現状から、地方で好きなことを諦めてしまう若者に夢を与えたいと思い立ち上げた」と話す。

[広告]

 当日は宮崎出身で東京で活動する歌手が「凱旋ライブ」を行う。出演アーティストは、歌手の山本泰大さん、香蓮さん、ゆきこhrさん、いちたにななさんらを予定。オープニングアクトにいけじまゆきさん、MCに釈迦堂ことりさんを迎える。イベントの運営に携わり、自身も当日ステージに立つ看護師シンガー涼太さんは「東京には活動する場所があるが、地元の友人や親に歌を聴いてもらいたいと思った時にどこで歌えばよいか分からなかった。他にも同じ思いのアーティストは多く、そんな人たちが地元に戻って歌う機会を作りたいと思った」と話す。

 当日は宮崎からJリーグの参入を目指す「テゲバジャーロ宮崎」の選手も参加。県内の小・中学生を対象に、選手と一緒にリフティングに挑戦できる企画も用意する。「サッカー選手とのふれあいを通して、夢を追いかける小・中学生の後押しがしたい。テゲバジャーロ宮崎のファンを増やすきっかけにもなれば」と涼太さん。ほか、会場にはグルメや雑貨のマーケットも出店する。

 森松さんも「今は時間や場所に拘束されることなく、自分の好きなことを好きなように仕事にできる時代。イベントを通して、誰もが軸のある生き方を肯定し合えるような空気づくりをしたい」と話す。

 開催時間は12時30分~17時。チケットは大人=3,500円、高校生=1.500円、小・中学生=500円。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ