見る・遊ぶ 買う

商店街に24時間営業の無人本屋 宮崎・日南の油津商店街に

無人の書店「ほん、と」を運営する杉本恭佑さん

無人の書店「ほん、と」を運営する杉本恭佑さん

  •  
  •  

 宮崎県日南市に4月28日、無人書店「ほん、と」(日南市岩崎3)がプレオープンした。

無人の書店「ほん、と」の店内の様子

 油津商店街にあるABURATSU GARDENにオープンした同店。店員はおらず、年中無休の24時間営業。

[広告]

 店内の本棚には地域の人が持ち寄った古本が並ぶ。東京都武蔵野市にある無人の書店「BOOK ROAD」を参考にしてカプセルトイを用意し、客は金を入れて出てきた袋に本を入れて持ち帰ることで会計を行う。価格は300円、500円、800円、1,000円の4種類。店内には名刺サイズのメッセージカードを置き、本を寄贈した人や読んだ人とのコミュニケーションが発生するような仕掛けも施す。選書コーナーでは地域の人たちが選んだ書籍に触れることができ、本を通して選書人との交流が生まれるようにした。

 店長を務める杉本恭佑さんは「油津商店街に本屋が欲しいという声は以前からあったが、通常の書店だと経営的に成り立たせることは難しかった。しかし店員を置かない無人の書店にすることで、固定費を抑えることで採算が合うめどがたった。本を通してお客さまとその場にはいない選書人とのコミュニケーションが生まれたり、本が交流の糸口になったりすればうれしい」と話す。

 正式オープンは8月10日を予定。

  • はてなブックマークに追加