食べる 買う

宮崎県立農業大学校が「ビーツドレッシング」開発 ビーツウィークではビーツランチも

ビーツの真っ赤なソース

ビーツの真っ赤なソース

  • 99

  •  

 宮崎県立農業大学校(児湯郡高鍋町持田、TEL 0983-23-0120)が、レッドビーツを使ったドレッシング「ビーツの真っ赤なソース」を開発した。

ビーツづくしランチメニュー表

[広告]

 同校は延岡学園高校調理課、宮崎県、延岡市とチームを組み、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局主催の「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」に参加。同校はGAP認証を受けた食材を提供し、延岡学園高校調理課がこれらの食材を使った27のメニューを開発し、「国務大臣賞」を受賞した。今回発売するレッドビーツを使ったドレッシング「ビーツの真っ赤なソース」(200ミリ=500円)は、同コンテストに出品したメニューの中の一つで、今後は学祭などでも販売を予定する。

 同商品は高鍋町の複合施設「ママンマルシェたかなべ」(児湯郡高鍋町持田)で販売する。同店では農業大学校と以前から官民連携事業に取り組んでおり、今後は施設内の工場でドレッシングの生産も行う。同店の和田優社長は「当店ではこれまでも、農大と官民連携で商品開発や実習を行ってきた。今年3月の発売を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で12月に延期になってしまった。無事発売できてうれしい」と話す。

 同施設では12月20日まで「ビーツウィーク」として、店内のレストランで「ビーツづくしランチ」(1,500円)を販売する。農業大学校で栽培している生のビーツも販売する予定。塩田沙弥香店長は「ビーツはなじみのない人も多いと思うが、和食にも合う食材。期間中はスープやデザートなどを提供するので身近に感じてもらいたい」と話す。

 「ママンマルシェたかなべ」営業時間は10時~18時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース