食べる

宮崎「やきとり恵屋」が「らくい食堂」に刷新 宮崎ブランドポークなど使った定食用意

総責任者の乗峯慶三さん

総責任者の乗峯慶三さん

  • 60

  •  

 「らくい食堂 大島店」(宮崎市大島町原ノ前、TEL 0985-35-8701)が10月31日、「やきとり恵屋」からリニューアルオープンした。

「熟成厚切りロースカツ定食」

 「ファストカジュアルレストラン」として、ファストフードの手軽さと、ファミリーレストランの中間の新業態としてオープンした同店。コロナ禍時代に合わせた店内は、広々と用意したテーブル席と、隣と前を仕切ったカウンター席になっている。食事をする時には、テーブルの上の札を「使用中」とし、客が退席後に消毒。その後「消毒剤」の札を置いて新たな客を迎える。

[広告]

 セルフサービス制を導入する同店。とんかつ、豚汁、しょうが焼きといった定食をメインに用意する。食材はブランド豚「宮崎ブランドポーク」や、宮崎産ひのひかりなどを使う。メニューは「熟成厚切りロースかつ定食」「熱々鉄板しょが焼き定食」(以上880円)、「豚肉玉ねぎたっぷり豚汁定食」「レディース豚汁定食」(以上680円)など。定食メニューは、すべてテークアウト弁当(容器代120円)で提供する。そのほか、おみやげメニューに「豚まん」(250円)、「揚げパンきな粉」(200円)、「豚シュウマイ」(3個=280円)など用意する。要予約の2~3人前のオードブル(4,000円)は、ロースかつ、豚シュウマイ、エビフライなど7種と千切りキャベツを添えて提供する。

 総責任者の乗峯慶三さんは、「価格を抑え、今の時代に合った店としてオープンした。安心、安全な豊富なメニューを、多くの方に利用して頂き、食事を楽しんでもらいたい」と話す。

 営業時間は11時~22時。水曜定休。席数は50席。

  • はてなブックマークに追加