暮らす・働く

「宮崎ねこの会」がオリジナルグッズ 地域猫を助ける力に

トートバッグを持つ会員の松下美紀さん。ねこの会オリジナルのTシャツは、今後イベント時に限定カラーなども販売する予定

トートバッグを持つ会員の松下美紀さん。ねこの会オリジナルのTシャツは、今後イベント時に限定カラーなども販売する予定

  • 75

  •  

 野良猫の殺処分を減らすため避妊・去勢手術を進めている「宮崎ねこの会」(宮崎市駅東、TEL 090-4587-2315)が現在、オリジナルTシャツとトートバッグを販売している。

「野良猫の多くは、飼い主から捨てられた元飼い猫がほとんど。増えて困るなら必ず避妊去勢をして」と語る会長の山本清美さん

 今年8月から販売している同商品。売り上げを同会の活動資金や、地域ぐるみで世話をする地域猫の餌代などに充てる。Tシャツの胸元にはスタンプのような同会のロゴを、背面には避妊・去勢手術活動を示す「TNR」の文字を猫のイラストでデザイン。トートバッグには避妊、去勢をした目印に耳の先をわずかにカットした「さくら猫」をあしらった。デザインはいずれも同会会員で、イラストレーターの甲斐亜希子さん(宮崎市)や画家の梅崎美佐さん(同)らが担当した。8月中旬の販売開始時は、すぐに売り切れるほど人気だったという。

[広告]

 市内の愛護団体と個人ボランティアを中心に、4月に立ち上げた同会。野良猫を捕獲(Trap)し、避妊・去勢手術(Neuter)した上で、元の場所に戻す(Return)ことを意味するTNR活動のほか、8月には捨て猫の多い宮崎港周辺でふんやごみなどを清掃する活動を行ってきた。同会は活動に協力する会員も募集しており、Tシャツやトートバッグにはこうした活動をより多くの人に知ってもらいたいとの願いもこもる。

 代表の山本清美さんは「Tシャツやトートバッグを買っていただいたお金を、人も動物も幸せに生きる社会を未来の子どもたちに残すために役立てたい。宮崎のねこ愛を広げ、不幸な命を減らすために今後もさまざまな活動に取り組んでいきたい」と話す。

 Tシャツは白黒2色、S~XLの4サイズで各2,500円。オリジナルトートバックは2,200円。いずれも会員割引あり。

問い合わせは同会員事務局(TEL 090-4587-2315)まで。

Stay at Home