食べる 見る・遊ぶ

宮崎・国富町の陶器アーティストが工房にカフェ クグロフが看板メニュー

デザイナーである妻の中村真由美さん(左)と中村俊明さん(右)、一緒に陶芸作品を制作している

デザイナーである妻の中村真由美さん(左)と中村俊明さん(右)、一緒に陶芸作品を制作している

  •  
  •  

 陶器アーティスト・中村俊明さんが宮崎県国富町の工房「アート・アマネ」に、カフェ「a-a gallery cafe」(国富町深年、TEL 0985-78-1117)を開設して3カ月が経過した。

看板メニューのクグロフ、型となる陶器も工房で自作

 カフェマスターの中村さんは「工房の周りに特に店がなく、陶芸を見に来たお客さんにお昼ごはんを食べるところを尋ねられても答えられなかった。せっかく来てくれた人にもっと楽しんでもらいたくて作った」とオープンの理由を話す。元々、東京で日本料理の板前だった中村さん。「上薬を配合するなど、工程を頭の中で考えて、手で物を作っていく。レシピみたいなのがあり、陶芸と料理は似ている」とも。

[広告]

 地元、国富町で生産された野菜や、その時期に山で採れた素材を使い、パスタやピザ、カレーを中心に提供。陶器の型で焼くフランス・アルザス地方の伝統菓子クグロフが看板メニューとなっている。

 メニューはランチセット(1,000円)、クグロフセット(500円)、クグロフフレンチトーストセット(800円)、コーヒー(300円)など。

 「隣が公園になっており、法華嶽全体で楽しめる。アートは敷居が高いと思っている人にもぜひ足を運んでほしい」と中村さん。

 営業時間は11時~17時。火曜・水曜定休。

  • はてなブックマークに追加