暮らす・働く

宮崎・青島にソーシャルシェアハウス「アオシマアパートメント」 二拠点生活の拠点に

「アオシマアパートメント」オーナーの宮木章太さん

「アオシマアパートメント」オーナーの宮木章太さん

  • 421

  •  

 宮崎市青島のソーシャルシェアハウス「アオシマアパートメント」(宮崎市青島2、TEL 050-3707-5229)がオープン3カ月を迎えた。

「アオシマアパートメント」外観

[広告]

 オーナーの宮木章太さんは東京都の出身。シェアハウスを運営するため、宮崎と東京の2拠点生活を送っている。宮木さんは「元々は別事業の関係で宮崎がどんな土地なのかをリサーチしていたところ、自分自身がこの土地に魅力を感じるようになり、シェアハウスのオープンを決めた。場所は日南や内海なども候補に挙がっていたが、県外から来る人も行き来がしやすいことや、初心者サーファーにも入りやすいサーフポイントが近いことなどを加味して、青島を選んだ」と話す。

 設計・建築は宮崎市の越山設計事務所が担当。1階の共有ラウンジ・カフェスペースは吹き抜けになっており、採光に優れた設計となっている。建物内に併設のカフェバー「カフェ モニュマンブリュー」のスペースには、コの字型カウンターを設置。カフェバーは、誰でも訪れることができる。2階にはコワーキングスペースや会議室もあり、居住スペースは全室が個室でプライベートを確保できる造りを採用した。

 宮木さんは「宮崎は食もおいしいし、人も親切で優しい。サーフィンやゴルフはもちろん、グランピングやボルダリングも楽しんでもらうことができるので、リモートワーカーが増えているこの時代だからこそ、ぜひ活用してほしい。都会とは時間の流れが違うので、日頃の疲れを癒す旅の拠点として使ってもらえたらうれしい。また、教育コンテンツはもうあふれているが、ここではオフラインで出会う人たちの中からコーチやメンター、チューターのような存在を見つけ、内弟子のような関係性を築いていってもらえればと思っている。お互いにサジェスチョン(示唆)し合える人が集まるようなコミュニティーができることが理想」と話す。

 受付時間は9時~22時。滞在可能日数は最大で1カ月のうち15日。家賃は3万3,000円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース