学ぶ・知る

「宮崎餃子本」を発刊 ギョーザの支出金額・購入頻度日本一目指し

東広告社の代表・東由子さん

東広告社の代表・東由子さん

  • 115

  •  

 宮崎市のギョーザ支出金額・購入頻度日本一を目指し、ブームの後押しにと東広告社(宮崎市神宮、TEL 0985-24-4798)が県内のギョーザ店をまとめた「宮崎餃子本」(200円)を出版した。

A5サイズの「宮崎餃子本」

 宮崎市は2020年上半期のギョーザの「購入額」「購入頻度」で全国1位に輝いた。過去に「購入額」「購入頻度」の2冠を同時に獲得した市町村はないという。同市では年間を通しての1位を目指し、各所でイベントなどさまざまな取り組みが行われている。

[広告]

 今回「宮崎餃子本」を出版した東広告社代表の東由子さんは「宮崎でギョーザ文化を盛り上げていきたいと、3年前に高鍋町でギョーザ祭りをし、活性化を図ってきた。ここまで盛り上がってくるとは思わなかった。宮崎は農畜産が盛んでギョーザ作りに向いている。宮崎ギョーザは食べ比べるのが楽しいくらいさまざまなギョーザがある。そのことを多くの人に知ってもらえたらうれしい」と話す。

 同書籍には県内の21店舗を掲載。店舗の紹介だけでなく、ギョーザデータとして大きさや、肉の厚み、野菜と肉の比率などをまとめている。

 販売は東広告社もしくは特設サイト「宮崎餃子本」で行う。今後は掲載店でも販売予定。