食べる 見る・遊ぶ

宮崎・青島にブックカフェ「AOSHIMA BOOKS&PINEAPPLE」 元パイナップル貯蔵施設を刷新

パイナップルをパイ生地で包んで焼き上げたホットパイナップルパイ

パイナップルをパイ生地で包んで焼き上げたホットパイナップルパイ

  • 255

  •  

 宮崎市青島に6月20日、「AOSHIMA BOOKS&PINEAPPLE」(宮崎市青島、TEL 0985-71-0970)がオープンした。

宮崎をテーマに選書された1000冊が並ぶブックスペース

 創業42年のパイナップル卸業者が手掛ける同店。パイナップルを使った「青島でしか味わえないメニューと空間」の提供を目指し開業した。元パイナップル貯蔵施設をリノベーションした店内は、オーダーカウンターのあるショップスペースと約1,000冊を収めた本棚があるブックスペースで構成する。

[広告]

 メニューは、生のパイナップルをメインにフルーツと野菜を専用器具で搾った「コールドプレスジュース」(Sサイズ=500円~)、バニラアイスクリームを添えた「ホットパイナップルパイ」(800円)、パイナップルの炊き込みご飯が付くランチプレート(1,300円)など。

 店主の浜田さんは「生のパイナップルのおいしさを最も味わえるのはコールドプレスジュース。砂糖や水分を追加せずフルーツや野菜の水分を利用して作っているで、濃縮された味や口当たりの滑らかさを楽しんでほしい。専用器具でゆっくりと圧力をかけて搾るので、熱に弱い栄養素や食物酵素も丸ごと摂取できる利点もある」と話す。

 ブックスペースの本棚は、同店所蔵本から「宮崎」をテーマにさまざまなジャンルを選書し、季節やイベントに合わせ入れ替える。その他、刺しゅう作家としても活動する浜田さんが集めた刺しゅう関係の蔵書も展示。店内にある本は全て閲覧でき、今後は古書の買い取りや「本と食」をテーマにしたワークショップも行う予定。

 営業時間は9時30分~15時(土曜・日曜・祝日は16時30分まで)。