3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く

「タマチャンショップ」が宮崎市内初出店 テークアウト用カフェコーナーも

都城市に本店を置く自然食品店「タマチャンショップ」の宮崎市内に初出店した

都城市に本店を置く自然食品店「タマチャンショップ」の宮崎市内に初出店した

  • 70

  •  

 「タマチャンショップ宮崎micc店」(宮崎市橘通西4、TEL 0985-65-3065)が5月26日、商業施設「MRT micc」1階にオープンした。

テークアウトコーナーでは「ローフード王子」として活動する東裕一さん監修のマイスタースムージーを提供

 都城市に本店を置き、健康食品などを扱う同店。2003(平成15)年に開始したネット通販の好調を受け、県外への実店舗出店を続けてきた。シイタケ栽培農家から出発し「体は、食べたものでしかつくられない」と食事を楽しみながら健康面にも配慮する商品開発を行っている。ユニークな店名は、本店店長の母の名前にちなみ、店を訪れる人にとって安心と元気を与える「おかあちゃん」のような存在になりたいとの思いが込められている。

[広告]

 宮崎市への出店は初。「市内でもタマチャンショップの商品を手軽に購入したい」との声が多く寄せられ、出店を決めた。店内には食品のほかに、栄養素をスキンケアに応用した基礎化粧品など300種類以上の商品が並ぶ。併設するテークアウト用カフェコーナーでは、宮崎県唯一の男性ローフードマイスターである東裕一さん監修の「マイスタースムージー」(480円)、「みらいのこうそ」(280円)などを提供する。

 スタッフの永田右京さんは「安心・安全な食を通して県民の皆さまに食の楽しみを届けたいと思っている。商品などで分からないことがあったら気軽に声を掛けてほしい」と話す。

 同店では、通常の感染症予防対策(マスク着用、アルコール消毒薬の設置、レジ周り・レジ対応での飛沫感染予防ルール)のほかに、試飲・試食の提供中止、化粧品の試用中止を行っている。当面は10時30分~18時30分の短縮営業。

Stay at Home