食べる

宮崎市にカフェバル「ランタン」 元「食リポーター」が開店

店主の岩切あけみさん(接客時はマスク着用)

店主の岩切あけみさん(接客時はマスク着用)

  • 256

  •  

 宮崎市のカフェバル「Lantana(ランタン)」(宮崎市千草町、TEL 090-2511-9491)がオープンして3カ月がたった。

窓からの夜景も楽しめる店内。店名の由来ともなったランタンが客を迎える

 3月10日にオープンした同店。店主の岩切あけみさんは、テレビやラジオのパーソナリティー時代に「食のリポーター」として活動したことをきっかけにトータルフードコーディネーターの資格を取得した。岩切さんは「フードコーディネーターとして活動している中で、これからはお客さまと対話をしながらお店を通して新しい食の発信をしていきたいと思い、開店を決めた」と話す。

[広告]

 同店では岩切さんがカクテルなどのドリンクを、調理師免許を持つ息子の考介さんが料理を担当する。

 メニューは、バジルソースやモッツアレラチーズを使った「SUMMERカツレツ」(2,500円)や「さがり肉のステーキ」(2,000円)など。東京のフレンチ店「モナリザ」で名物の食前酒として提供されている宮崎市の仁田脇バラ園産ローズジャムを使ったカクテル「ラヴィアンローズ」(1,000円)など、季節のフレッシュフルーツを使ったカクテルも用意。岩切さんは「女性お一人でも気軽に食事やお酒を楽しんでほしい」と話す。

 同店は3月のオープン直後に新型コロナウイルスの影響で店内営業を自粛し、テークアウトに切り替えていたが非常事態宣言の解除を受けて通常営業を再開した。岩切さんは「この3カ月間は長いプレオープン時期だったと捉えて、6月に晴れてグランドオープンという気持ち。友人である宮崎シェフズクラブのシェフらの協賛の元、グランドオープンイベントも計画している」と意気込む。

 営業時間は19時~24時。日曜・月曜定休。