3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

宮崎で「ドライブスルーマルシェ」 コロナ禍での新たなイベントの形として企画

「大人も子どももワクワクするようなイベントになれば」と話す蔵留一成さん

「大人も子どももワクワクするようなイベントになれば」と話す蔵留一成さん

  • 93

  •  

 イベント「みやざきドライブスルーマルシェ」が5月24日、UMK駐車場FMみやざき前(宮崎市祇園2)で開催される。

イベントのチラシ

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、小規模飲食店の有志の会が主催する。企画に携わる「魚食屋れすとらん びび」店主の蔵留一成さんは「テークアウトへの取り組みが積極的にニュースに取り上げられたり、多くの人が購入してくださったりと、飲食店はたくさんの人に支えられていると感じた。何か飲食店を営む人とお客さまがみんなで楽しめることはできないかとSNSで呼び掛けたところ、いくつかの飲食店に賛同いただき企画に至った」と話す。

[広告]

 同イベントは、事前に飲食店への寄付をした参加者が「ふるまいチケット」を受け取り、イベント当日、来場者は車に乗りながら好きな店舗でチケットと料理を交換できるというもの。寄付は一口=1,500円で、5枚つづりのチケットを受け取ることができる。寄付金は合算し、各参加店に均等に分配する。

 参加する飲食店は、「あめいろcafe」「ON THE KITCHEN」「東天閣」「Coco Bowls」などの10店。

 蔵留さんは「当イベントはソーシャルディスタンスも保ちながら、車内からイベントに参加できるのが特長。コロナ禍での楽しみ方やウイルスとのうまい付き合い方のロールモデルとして、このアイデアが全国各地で広れば。大人も子どももワクワクできるようなイベントにしたい」と話す。

 寄付は参加店の受け付け店頭でチケットを受け取るか、運営事務所指定口座に寄付金入金後、当日会場で振り込みの控えとチケットを交換する。チラシのQRコードからPay Payでの支払いも受け付ける。当日払い不可。

Stay at Home