食べる 買う

宮崎に「焼き芋自動販売機」 日向・延岡で始まったコラボが市内にも進出

焼き芋自販機を紹介する大平産業の中川泰宏さん

焼き芋自販機を紹介する大平産業の中川泰宏さん

  •  
  •  

 宮崎市の不動産業を営む「大平産業」(宮崎市橘通東1、TEL 0985-22-3455)前に現在、「焼き芋自動販売機」が設置されている。

焼き芋は缶に入れて販売する

 自販機は不動産業を営む「和光産業」(延岡市)と就労支援事業を展開する「めだかファミリーグループ」(同)がコラボレーションし、延岡市と日向市内で設置していたもの。宮崎市での設置は初で、売り上げの一部は障がい者の就労支援活動に活用する。

[広告]

 焼き芋の原料となるサツマイモは、紅はるかと安納芋の2種。価格は400円。真空パックした冷たい状態で販売する。購入時は専用の缶に入っており、その場で商品を取り出して缶を自動販売機横のかごに返却する仕組み。

 企画に賛同し、設置を決めた大平産業の中川泰宏さんは「黄色のデザインと『焼き芋』の文字に目を留め自動販売機に興味を示す人も多く、多い時には1日10本は売れる。女性やサラリーマン、小学生なども購入している模様」と話す。