食べる 買う

宮崎にプリン専門店「南国プリン」 地域の食材使い、無添加にこだわる

レトロな雰囲気を感じさせる店構え

レトロな雰囲気を感じさせる店構え

  •  
  •  

 宮崎市にプリン専門店「南国プリン」(宮崎市橘通東3、TEL 0985-22-5668)が3月28日、オープンした。運営は南国CBF(宮崎県児湯郡)。

看板商品の「南国プリン」となめらかな食感の「テゲセボン」

 若草通商店街西口そばにオープンした同店。2階にはイートインスペースも設ける。販売するプリンは、宮崎県新富町の松浦牧場の牛乳、九州産の生クリーム、マダガスカル産の天然バニラビーンズを使う。南国CBFの河野当将社長は「店舗奥に工房を設け、無添加にこだわった新鮮なプリンを提供する。プリンは『なめらかプリン』の生みの親と言われる岐阜県のスイーツ店『プルシック』の直伝のレシピをアレンジして作っている。ぜひ一度味わっていただきたい」と話す。

[広告]

 メニューは、青色のラムネジュレをのせた看板商品の「南国プリン」(420円)、生マンゴーを使った「南国マンゴープリン」(450円)、イチゴの果肉を使った季節限定「生イチゴプリン」(450円)、なめらか食感が特長のシンプルな「テゲセボン」(380円)の4種類。3個セットにした「南国セット」(1,280円)も用意する。宮崎県都農町のワイン生産を支えたブドウの品種「キャンベル・アーリー100%ジュース」(500円)や、宮崎県新富町の特別な牛乳を使ったソフトクリーム「ソフテボーン」(380円)も提供する。

 河野社長は「商品名にもなっている『テゲセボン』の『セボン』とは、フランス語で『おいしい』という意味。地域の食材にこだわり、宮崎の魅力をたっぷり詰めた自慢の商品になっている。宮崎の新たな定番土産となれば」と話す。

 営業時間は10時~19時(日曜・祝日は9時~18時)。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加