食べる

宮崎のタイ料理店「マンチーズ」が「たかお食堂」に アジア料理40種提供

店主の高尾知明さん

店主の高尾知明さん

  • 155

  •  

 宮崎にアジア料理店「アジアの屋台ごはん たかお食堂」(国富町本庄、TEL 080-3967-5308)が、4月12日に移転オープンした。

グリーンカレーセット

[広告]

 店主の高尾知明さんは、神奈川県でイタリア料理店での経験を経て、2015(平成27)年に市内で「自然派タイレストラン MUNCHIES(マンチーズ)」をオープンした。高尾さんは「新店舗ではタイ料理のほかにも、幅広い料理を提供していきたいと考え改名した」と話す。店内は自身で改装し、キッチンとテーブル席、カウンター席を作った。看板やのれんは、息子が習字で書いたものを採用したという。

 ランチメニューは、ココナツミルクベースのタイカレーの「グリーンカレーセット」、台湾式豚バラ煮込み丼の「ルーロー飯セット」、鶏ひき肉バジル炒め目玉焼きのっけごはんの「ガパオライスセット」、「エビとレタスのタイ風炒飯セット」(以上1,100円)など10種を用意する。ディナーは、サラダ、スープ、炒め物、グリル、揚げ物、蒸し物、ごはん物、麺類のメニューを単品で提供する。海鮮と春雨のピリ辛サラダ「ヤムウンセン」(1,200円)やココナツミルクを使った鶏肉とハーブのスープの「トムカーガイ」、「タイ式エビチャーハン」(以上1,100円)、「宮崎牛の自家製ローストビーフ」(1,500円)などを提供。価格は仕入れにより変動する。前日までの要予約で、「宴会プラン」「コースプラン」と「オードブル」も用意する。店内が混雑していない場合はテイクアウトにも対応する。

 ドリンクは注文後に豆からひく「フェアトレード有機コーヒー」「タイブラックティー」「ジャスミンティー」「辛口ジンジャーエール」(以上400円)などを用意。アルコールメニューは生ビール(600円~)、オーガニックワイン グラス(500円)、ワイン(フルボトル=3,000円)などをそろえる。

 高尾さんは「気軽に入れる憩いの場でありながら、ニューヨークの路地裏にあるアジアレストランのような非日常も味わってもらい、食事も空間も楽しんでいただきたい」と話す。

 営業時間は11時~14時、18時~21時。日曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース