プレスリリース

通信販売業界で第1号!「個人情報保護に取り組む企業」として認められた健康家族が、業界最多となる11回目のプライバシーマークを取得!

リリース発行企業:株式会社健康家族

情報提供:

自社でにんにくの有機栽培を行い、それを原料にした滋養食品を通信販売している株式会社健康家族(本社:鹿児島県鹿児島市平之町、代表取締役社長:藤 朋子)は、平成12年8月に通信販売業界で初めて、優れた個人情報保護企業の証である「プライバシーマーク」を取得。以来、2年に一度の厳しい審査をクリアし続け、21年目となる今年、8月6日に11回目の取得が受理された。


▲株式会社健康家族本社(外観)
▲本社受付に置かれている「プライバシーマーク登録証」

通信販売業界初!プライバシーマーク取得
「プライバシーマーク」は、経済産業省の外郭団体である一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)によって運営されている。個人情報を取り扱う事業者に対して審査を実施し、適切に取り扱い保護している企業にだけに付与されている、まさに信頼の証だ。
健康家族が個人情報保護に取り組み始めたのは、世間がまだ個人情報への意識が低かった二十数年前。情報ネットワークが広がる状況に不安を感じるとのお客様からの電話がきっかけだった。通信販売を行う会社として、お客様に寄り添い、大切な住所や名前、電話番号などの個人情報をしっかり守ることは自分たちの責務。そう考えた健康家族は、通信販売業界内で先駆けて個人情報保護に取り組み、平成12年8月に業界第1号となる「プライバシーマーク」を取得した。
▲優れた個人情報保護を行っている企業の証「プライバシーマーク」

取得後も続く、厳しい審査
「プライバシーマーク」の有効期限は、取得してからわずか2年間。一度取得しても、認定を継続するためには2年ごとに厳しい審査を受ける必要がある。健康家族は、プライバシーマークを取得し続けて今年で20年経ち、取得回数は11回にも上る。この回数は、マーク下のカッコ内に記されているので、ぜひ見て欲しい。実は、11回以上も取得している企業は、16,703社中130社とごくわずか。プライバシーマーク認定企業の0.78%程度しかないのだ(9/8現在)。そんななか、健康家族では「取得後の更新こそがお客様に対する“安心の証明”」と考え、継続して個人情報保護に取り組んでいる。平成25年には、長年にわたりプライバシーマーク制度の推進に貢献したとして「プライバシーマーク制度貢献事業者表彰」も受けている。
▲長年の取り組みが認められ「プライバシーマーク制度貢献事業者表彰」も受けている

■従業員全員が高い意識を維持するために
「お客様が安心してご利用いただける企業でありたい」。健康家族では、個人情報管理に対して働く従業員全員が高い意識を持っている。これこそが、20年間の実績の所以であろう。お客様の個人情報が記載されている書類は、責任者の管理のもと、すべて決められた場所に保管・施錠のうえ厳重に管理されている。社内勉強会も定期的に実施し、一人ひとりが意識を高め、個人情報に関する最新の知識を学んでいる。また、個人情報の持ち出しを防ぐため、社内では全従業員が透明バッグを使用し、個人の持ち物が一目で分かるよう対策している。今回紹介した内容はほんの一例。このほかにも厳しい規定のもと日々の業務を行っている。詳しい健康家族の個人情報保護の取り組みは、公式ホームページhttps://www.kenkoukazoku.co.jp/privacy/index.htmlへ。
▲個人情報は厳重に管理されている
▲入室時にはカードキーが必要
▲定期的に従業員へ勉強会を実施(※2016年撮影。近年はリモートで実施)
▲社内では透明バッグを使用することで、個人の持ち物が分かるようになっている
これからますますデジタル化が進んでいくなか、通販が買い物の主流となっていくことは間違いない。安心して日々のショッピングができるよう、ぜひ「プライバシーマーク」とその取得回数を一つの指標として欲しい。

■健康家族
【フリーダイヤル】0120-315-315
【ホームページ】https://www.kenkoukazoku.co.jp/

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース