食べる

宮崎・佐土原「プチラパン×ヒゲラパン」10周年 移転しパンとランチの古民家レストランに

店舗外観

店舗外観

  • 241

  •  

 焼きたてパンとランチを提供する「プチラパン×ヒゲラパン」(宮崎市佐土原町下田島、TEL 050-1366-8218)が2月22日、JR佐土原駅前から佐土原総合支所そばに移転オープンした。

店内の様子

 2011(平成23)年4月に宮崎市阿波岐原で開業した同店。10周年を機にした今回の移転では、元々建っていた古民家を改装し、パンの販売とランチの提供を主体とする店とする。店主の比江嶋章太さんは「ワインと食事を提供する夜の営業をメインとしていたが、新型コロナウイルス感染症の流行を受け客足が戻るには時間がかかると思い、移転し業態を変えることにした」と話す。

[広告]

 パンは「生ハム」(100円)や数種類の味を揃える「ベーグル」(130円)など。「バトン」(180円)などハード系のパンには紅玉リンゴの天然酵母を使う。ギフト用の袋(50円)も用意する。店のオリジナルトートバッグ(500円)を持参すると、来店ごとに購入額から10円引きになる。

 ランチは「パン屋が作るキーマカレーセット」(日替わりのパン付き=750円、単品=580円)、「スープセット」と「パンに合うスプレッド2種セット」(日替わりのパン付き=650円、単品=480円)。スプレッドは日替わりで用意する。今後は月1回、コース料理やワインが楽しめるイベント「ワンデーシェフ」を構想しているという。現在はパンが売り切れた時点で閉店している。

 比江嶋さんは「パンが好きで、10年前はブーランジェリーレストランでスタートしたのがこの店。原点に戻りパンが中心の店づくりをしたい」と話す。

 営業時間は7時30分~21時(ランチは10時~15時)。火曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース