食べる

都城公設卸売市場の「中央食堂」、市場の駅の移転に合わせ閉店 41年の歴史に幕

左から井手上孝和さん、井手上マチ子さん、従業員の坂本良子さん

左から井手上孝和さん、井手上マチ子さん、従業員の坂本良子さん

  • 87

  •  

 都城公設卸売市場内にある「中央食堂」(都城市志比田町、TEL 0986-24-3149)が4月24日、41年の歴史に幕を下ろすことが分かった。

壁のメニュー表

 1980(昭和55)年4月20日の市場の開場日に創業した同店。「中央食堂」は現在の店主の井手上孝和さんの兄が、市場で水産業を営んでいたことがきっかけで開業。当初は、井手上さんの姉が店を運営しており、市場で働く人がせりを終えて食事をする場所だったが、安くておいしい店と評判になり、2010(平成22)年からは一般開放して市民に人気の食堂となった。市場はかつて、個人店などの仕入れ客が多く、800台ほど停めることができる駐車場が満車になるほど賑(にぎ)わいがあり、繁忙で店が続けられなくなった先代から、市内で「七味食堂」という中華料理店をしていた井手上さん夫妻が自ら申し出て引き継いだ。

[広告]

 井手上さんは「現在は買い物客が少なくなり、市場の駅で営業を続ける店も減った。忙しい時はしんどかったが、今思えば活気があり楽しかった」と振り返る。妻のマチ子さんは客一人一人に「ゆっくりしていってね」などと優しく声を掛け、市場の利用者だけでなく多くの市民に愛されてきた。

 今年6月には「市場の駅」が隣接する敷地内へ移転を控えており、市場の駅にあるほとんどの店が新しい建物へ移るが、井手上さん夫妻は共に70歳代を迎え、移転すれば飲食店としての設備費が掛かることもあり、閉店を決めたという。

 店の壁一面には、井手上さん夫妻が用意するメニューがずらりと並ぶ。井手上さんのお薦めは、その日に店主が市場で仕入れた魚を4~5種類入れる「さしみ定食」(1,200円)と「海鮮丼」(900円)。ほかにも、「本日のランチ」(550円)、「豚かつ定食」(700円)、「うどん・そば類」(350円~700円)なども用意する。食事には漬物がサービスでつき、乳酸飲料やコーヒーなどのおまけが付くこともある。

 「市場の駅」では4月15日から23日まで「さよなら感謝週間&シャッターアートの展示」を開催。この間の同店の営業時間は早朝からお昼前後で、18日と21日は休業日となる。通常の営業時間は月曜・火曜・木曜~土曜=6時~14時30分。定休日は日曜・水曜・祝日。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース