食べる

宮崎に多国籍料理のフードトラック「6RACCOON」 カナダと東京から移住した2人が出店

カナダ出身のロッキーさんと東京都出身で世界各国を旅してきた田中琴絵さん

カナダ出身のロッキーさんと東京都出身で世界各国を旅してきた田中琴絵さん

  • 187

  •  

 フードトラックによる移動販売の多国籍料理店「6RACCOON(シックスラクーン)」がオープンして3カ月がたった。

フォカッチャBBQチキンサンドウィッチ (650円)、 地中海スタイルフィッシュサンド ウィッチ (600円)、 自家製シ―ソルトキャラメルラテ (550円)

 フードトラックを運営するのは、カナダ出身のロッキーさんと東京都出身の田中琴絵さん。ロッキーさんはカナダのトロントで世界各国の料理を手掛け、田中さんは旅が好きで世界各国を周り、カナダでバリスタをしていたという。2人はトロントで知り合い、「新しいカルチャーを起こしたい」という夢で意気投合。田中さんは「どこに拠点を置くかを探していた時、宮崎に下見に来て『ここだ』と思った。宮崎の人はとても温かく受け入れてくれる風土だと感じた。宮崎の食材の豊かさとおいしさにも感動した」と話す。

[広告]

 当初は店を構える準備を進めていたが、コロナ禍を受け、自分たちから客の下に会いに行けるフードトラックスタイルに変更。メニューには宮崎の食材や、さまざまなスパイス、各国レシピ技法を駆使して作る世界各国のサンドイッチやスープ、カフェドリンクなどを月替わりで提供する。パン生地や、具材のソースなどは全て手作りする。

 オープンから3カ月がたち、宮崎での出会いに手応えを感じているという2人。田中さんは「初めての挑戦なので試行錯誤することもたくさんある。新しい取り組みだからこその試練を超えていくことを楽しんでいる。宮崎の食材を使った新しい食文化を多くの人に楽しんでもらえたら」と話す。

 主な販売場所は「バッグのあつた」や木崎浜、イベント会場など。出店情報などはインスタグラムやツイッターで発信する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース