食べる

宮崎に「肉バル食堂みやざき晴マチ」 一番街商店街に

(画像左から)店長の日野翔太さん、支配人の田中和久さん

(画像左から)店長の日野翔太さん、支配人の田中和久さん

  • 36

  •  

 「肉バル食堂 みやざき晴マチ」(宮崎市中央通3、TEL 0985-83-0222)が11月3日、オープン1カ月を迎えた。

日替わりランチのガーリックスパイシーチキンセット

 場所は宮崎市の一番街商店街にあるバー&カフェ「CORNER」の跡地。「CORNER」は事業承継プラットフォーム「relay(リレイ)」で、施設・場所を活用してくれる企業を募集しており、宮崎市内を中心に飲食店を展開する「コンフォートダイナー」(宮崎市)が引き継いで同店を開いた。

[広告]

 メニューは地鶏と宮崎牛をメインに提供する。鶏肉は自社放牧農場直送の都城赤鶏「みやの鳳(おおとり)」を使い、平日のランチには「炭火焼セット」(1,250円)を用意。前々日までの予約でテークアウトメニュー「まるごと一羽ローストチキン」(3,280円)も提供し、クリスマス用には12月22日まで予約を受け付ける。

 そのほか、宮崎牛を使った「もも赤身ステーキセット」(100グラム=1,980円~)や「特上カルビステーキセット」(100グラム=2,180円~)、季節限定で、宮崎の特産品であるかんきつ類の平兵衛酢(へべす)、日向夏、日南レモン、西米良ゆずを使ったハイボール(各480円)なども提供する。

 11月からは新メニューとして、ガーリックスパイシーチキン、豚カツレツ、ポークライス、ビーフライス、牛すじコロッケプレートなどを用意する平日の日替わりのランチセット(680円)を用意。営業時間中に1,000円以内でいつでも食べられる定食も提供する。

 支配人の田中和久さんは「最近ではGo Toキャンペーンを利用されるお客さまも多く、県外からの観光客の期待にも応えたい。街の中心部なので、商店街の顔になれるよう、皆さまに愛される店にしたい」と話す。

 席数は1階=31席、2階=40席(貸し切りにも対応)。営業時間は11時30分~24時(ランチタイムは15時まで)。