食べる 暮らす・働く

宮崎・青島で「地域食堂うみさち・やまさち」 地域食堂のモデルケース目指す

地域食堂うみさち・やまさち代表の原千弘さん

地域食堂うみさち・やまさち代表の原千弘さん

  •  
  •  

 「地域食堂うみさち・やまさち」が10月29日、宮崎市の青島地区交流センター(宮崎市青島西2、TEL 0985-65-1231)で開かれる。

食育活動の為、畑づくりからはじめた原さん。青島地域から多数のボランティアが協力した

 「地域食堂うみさち・やまさち」は、初めて宮崎市「地域の子ども支え合い事業補助金」を活用した団体。「地域の子ども支え合いモデル」として、食事や遊び体験の提供、学習支援をとおして青島地域の世代を超えた交流と安心して集うことのできる地域コミュニティの場の提供を目指している。

[広告]

 現在の主な活動は、月1回の地域食堂「地域食堂うみさち・やまさち」の開催。これまで2回開催している。代表の原千弘さん「前回、前々回ともに青島地域の子どもから大人まで、多くの方々にご利用いただいた。参加者の喜びの言葉を聞くことができ、次の開催への励みになった。ボランティアの方や利用される地域の方が楽しく過ごせる、みなさんの居場所になるような場所にしたい」と話す。

 当日は参加者でレクリエーションを行った後、夕食をとる。メニューは炊き込みご飯、みそ汁などを予定している。

 原さんは「管理栄養士として児童養護施設に勤務した経験から、子どもたちが肩の力を抜いてホッとできる場所を作りたいと思っていた。この地域食堂は青島地域の方々から多くの支援を得て成り立っている。地域食堂運営の循環サイクルを作り、一つのモデルケースとなることを目指したい」と話す。

 開催時間は16時~19時30分。参加対象は青島・内海地区在住者(食事提供は先着40人)。参加費は子ども=50円、大人=100円。問い合わせは宮崎市子ども食堂コーディネーター(080-4699-6788)まで。

  • はてなブックマークに追加