食べる

宮崎・高鍋に音楽家の夫婦が営む英国料理カフェ 農業体験や演奏会も

オーナー夫婦の天満俊秀さん、智恵子さん

オーナー夫婦の天満俊秀さん、智恵子さん

  •  
  •  

 宮崎県高鍋町のイギリス・アイルランド料理を提供するカフェ「Yorakusha Farmer‘s Cafe」(高鍋町大字上江、TEL 0983-35-3584)が、オープンから1カ月を迎えた。

ランチメニューの「フィッシュ&チップス」

 8月17日にオープンした同店。音楽家の天満俊秀さんと智恵子さん夫婦が切り盛りする。天満さん夫婦は、アイルランド・スコットランド民謡などを演奏するユニット「謡楽舎(ようらくしゃ)」として活動している。俊秀さんは「幼少期を高鍋町にある祖父母の家で過ごした記憶から、いつか宮崎で暮らしたい思っていた。私たちが演奏するアイルランド民謡は農村から生まれた音楽なので、音楽と農業を楽しめる空間を作りたいと夫婦で考え、5年前に大阪から移住した」と話す。

[広告]

 天満さん夫婦は音楽活動と並行して農業を一から学び、3年前に農業体験のできる民宿を開業。音楽を通じて知り合った人々を中心に、農業体験や演奏会などを開くようになった。今回は民宿のリニューアルを機に、音楽も楽しめるイギリス・アイルランドの料理を中心としたカフェを併設した。

 自家農園で採れた季節の野菜を使ったランチメニューとして、「フィッシュ&チップス」(1,000円)、「スコッチ・エッグ」「コテージパイ」「フィッシュパイ」(以上1,200円)を提供。デザートは、「キャロットケーキ」「ギネス・チョコレートケーキ」「ヴィクトリア・スポンジ・ケーキ」(以上400円)、「季節のフルーツのパブロヴァ」(350円)など、イギリスの伝統菓子を中心としたスイーツと、イギリス・アイルランド料理を提供する。

 店内では、イギリスの輸入雑貨の販売や演奏会といったイベント、智恵子さんによるバイオリン(フィドル)教室も不定期で開催する。

 俊秀さんは「アイルランドでは、地域の人々が集まり、好きな楽器を演奏するのは当たり前の風景になっている。そんな農村の雰囲気を味わいながら、イギリスの料理を楽しんでいただける空間にしたい」と話す。

 「こちらに移住して、農家の方や地元の人に温かく迎え入れていただき、農業や音楽活動を通して、地域に根付くことができた。まだまだ試行錯誤しているが、今後カフェでいろいろなイベントを開きながら、地元が活気づくきっかけをつくりたい」とも。

 営業は金曜・土曜・日曜のみで、営業時間は12時~16時30分。民宿はリニューアル中。

  • はてなブックマークに追加