食べる

宮崎に「精進CHAGO」 店主が両親への思いを込めた精進料理を提供

「精進CHAGO」の店主の柳田伸哉さんと手束亜矢さん

「精進CHAGO」の店主の柳田伸哉さんと手束亜矢さん

  •  
  •  

 宮崎市で植物性の食材のみ使った和食を提供する「精進CHAGO」(宮崎市神宮西2、TEL 0985-69-1677)が8月29日、移転リニューアルオープンした。

植物性の食材にこだわった「純御前」

 ベジタリアン・ビーガン向けの「VEGAN RESTAURANT チャゴ」(宮崎市霧島4)からコンセプトを刷新し、リニューアルした同店。今年で15年目を迎える。店主の柳田伸哉さんは「以前は海外に目が向いており、はやりものを取り入れるなどしていたが、あまりしっくり来ていなかった。4~5年前から日本の文化、季節、しきたり、考え方などを掘り下げていきたいと思うようになり、京都などの和食店で独学で精進料理を学んだ」と話す。

[広告]

 メニューは季節の炊き合わせがメインの「純御前」(1,580円)、純御前に大豆のチキン南蛮風の小鉢が付いた「清御前」(1,830円)、大豆のチキン南蛮風のおかずがメインの「宮の咲御前」(1,580円)を提供。ランチタイムは甘味や季節の果物などが付く。柳田さんが「特別な日やお祝いにお薦め」という「会席御前」(2~6人向け2,700円、3,500円コース)、四季のコース(2~4人向け)の「純香」(3,800円)、「清香」(5,200円)は2営業日前の14時までの予約で受け付ける。

 柳田さんは「メニューの『純』は母親の名前、『清』は父親の名前から取っている。4年ほど前に母が他界し、それが精進料理に興味を持ったきっかけでもある。リニューアルに際して店名にも『純』を入れようと考えたが、以前の店舗が好評だったこともあり、『チャゴ(CHAGO)』の名前を残した」と話す。「食事以外にも、以前の店舗で人気だったドリンクメニューも取りそろえている。アルコールメニューでは日本酒が人気。ぜび気軽に精進料理を楽しんでもらいたい」とも。

 営業時間は11時45分~14時45分、18時~22時(日曜は11時45分~15時)。火曜・第2月曜定休。

  • はてなブックマークに追加