見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

宮崎のスーパー2階にコミュニティーカフェ開設へ 女性起業家が支援呼び掛け

まちの居場所「たいよう」代表の松田きみかさん

まちの居場所「たいよう」代表の松田きみかさん

  •  
  •  

 宮崎のスーパーマーケット2階にある「コミュニティスペースまちの居場所『たいよう』」(宮崎市錦町38、TEL 090-9791-6367)が現在、子どもからシニアまで集まれるコミュニティーカフェ開設に向けた資金支援者を募集している。

赤ちゃんハイハイ競争の様子

 3児の母で7年前に夫を亡くしたという同スペース代表の松田きみかさんは、「夫が亡くなり、周りの方に助けていただいた経験から、孤立を防ぎ、多世代が交流できる場が必要だと感じた。宮崎駅前の『タイヨー グラード錦町店』に掛け合い、1年前にまちの居場所『たいよう』を作った」と話す。

[広告]

 「栄養士免許と食品衛生管理者を持っているので、コミュニティーカフェでは野菜たっぷりのランチなど、心と身体に優しいごはんやスイーツを提供したい。スタートしたら運営費をしっかりと回せるようにしていきたい」と松田さん。

 支援はクラウドファンディングサイト「FAAVO」で8月31日まで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加