食べる

宮崎に「スナックはなたれ」 「大衆酒場ざっくばらん」が隣接店舗に開店

店長の河野珠代さん

店長の河野珠代さん

  • 13

  •  

 宮崎市の繁華街・ニシタチに「スナックはなたれ」(宮崎市中央通、TEL 070-7426-4089)がオープンして1カ月がたった。

黒を基調とし、生花や観葉植物で飾られた店内

[広告]

 同店は、昨年10月にオープンした居酒屋「大衆酒場ざっくばらん」の系列店。店主の吉鶴拓也さんは東京都出身。「東京ではスナックに行くことはほとんどなかったため、移住してきて宮崎のスナック文化の面白さに感動した。その時から2店舗目はスナックをオープンしたいと考えていた」と話す。

 店長でママの河野珠代さんは宮崎市出身で、元々系列店の常連だったという。河野さんは「前職を辞め、何か新しいチャレンジをしたいと思っていた矢先に声をかけてもらい、4月からママとして立つことになった。店名は、酒を飲んで『がんたれ(宮崎弁で「役立たず」の意)』になった人たちが集まり、一つになる場所にしたいという思いと、そこに女性がいることで華のある空間にしたいという思いから付けた」と話す。

 店内は、黒を基調としたシックで落ち着いた空間とした。店の看板のデザインにもあるガーベラは、河野さんが好きな花で、花言葉は「前進、前向き」というポジティブな意味があるという。リラックスできる空間を演出するため、ガーベラをはじめとした生花や観葉植物なども装飾として置いた。カウンター内の棚には、「知多」「竹鶴」などのウイスキーや宮崎県産のクラフトジン「OSUZU GIN」などを並べる。

 河野さんは「まだまだ不慣れな部分もあるが、お客さまから『ママに会ったら元気が出る』と言ってもらえるだけでうれしい。コロナ禍だからこそ楽しい時間を過ごしてもらい、また来たいと思えるようなアットホームな空間にしたい」と意気込む。

 営業時間は19時~翌1時。月曜定休。料金は、90分飲み放題=男性3,500円、女性3,000円(同日『大衆酒場ざっくばらん』利用客は500円引き)、ボトルキープ=3,000円~。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース