買う 暮らす・働く

宮崎の生花店が「お風呂用スイートピー」 生産者と企画し、商品化が実現

左から比江島さんとスイートピーを薦める伊牟田さん

左から比江島さんとスイートピーを薦める伊牟田さん

  • 151

  •  

 宮崎神宮前の生花店「Switch board flowers(スイッチボードフラワーズ) パリサンク店」(宮崎市神宮東1、TEL 090-8620-3912)が現在、バスタブに浮かべて楽しむ「スイートピー de お風呂」を販売している。

カットしたお風呂用スイートピー

[広告]

 生花を中心に鉢物、ドライフラワー、花に関する小物やハンドメード品などを販売し、リース、スワッグなどのレッスンも行っている同店。家でのスイートピーの楽しみ方として、スイートピーを生産する「中尾園芸」(宮崎市)の中尾武春さんから提案を受け、商品化にこぎ着けた。スイートピーを数日間室内に飾って楽しんだ後、花弁をカットして浴槽に入れ、色と香りを楽しむことができる。

 切り花用延命剤などは使わずに作った同商品。スイートピーの色は、珍しい赤なども選べる「単色」や「2色」、紫系、ピンク系、淡い色合いなどさまざまな品種が入る「ミックス」から選べる。比江島拓郎社長は「中尾さんは花屋の目線で商品を提案してくれる生産者。スイートピーはバラより香りが強いものもあり、その香りは記憶に残るほど素晴らしい」と話す。

 価格は各1,100円。営業時間は10時~18時。水曜定休。受け取り前日までの予約を薦める。販売はスイートピーのシーズンが終わる3月までの予定。中尾園芸でも販売する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース