プレスリリース

バーチャルアナウンサーのアバター3Dモデルを制作 MRT宮崎放送×モーゲンテックで始まる地方局の新たな取り組み

リリース発行企業:株式会社モーゲンテック

情報提供:

 株式会社モーゲンテック(本社:宮崎県宮崎市橘通東4丁目7番28号 代表取締役:吉松 大志 以下、弊社)は令和3年10月より、MRT宮崎放送(宮崎本社:宮崎市橘通西4丁目6番7号 代表取締役:牧 巌)における「MRTバーチャルアナウンサー」運用スタートに際して共同制作を開始しました。  弊社代表の吉松(22)と同じく『Z世代』のMRT若手アナウンサーらで制作チームを結成し、デザインや性格などアイデアを出し合いながら、約半年かけてキャラクターを創り上げました。  誕生したバーチャルアナウンサーは「れいみょん」(18)と「ザキヤマくん」(23)。  10月に採用され、現在、社員試用期間中ながら10月19日(火)のテレビ自社制作番組「Check!」内の番宣コーナーで初出演を果たしました。当面、MRT番宣アンバサダーとして業務にあたり、2022年春の正式採用を目指して研修に励みます。  弊社ではMRT宮崎放送とともに、認知とバージョンアップを図りながら県民の皆様に親しまれるアナウンサーとして成長させ、VRやARの仮想映像効果を活用したテレビ番組の可能性も研究していきます。


【学生×MRT】プロジェクトとは?
 MRT宮崎放送が地域の放送局として、若者たちにメディア業界の仕事を経験してもらう機会を提供し、ともに新しい価値を生み出すことを目的にしたプロジェクト。これまでにCM制作、街頭インタビュー取材、VTR制作、マーケティング分析などを実施しています。
 弊社代表の吉松が大学生であるため、プロジェクトに参加することとなりました。



■代表紹介
 宮崎大学で学ぶ傍ら、昨年、3Dモデル開発制作事業会社を起業した吉松は、地元の繁華街「ニシタチ」をメタバース(仮想空間)上の世界で再現したり、全国各地の仲間と協力し故郷の良さを発信するバーチャルイベントを制作するなど、地域を見つめる注目の若手クリエイター。今回は、“ 若い世代に楽しんでもらえるテレビ ”をテーマに、モーションキャプチャーで動かせる仮想空間上の3Dモデルとして、バーチャルアナウンサーをMRTと共同制作しました。
「テレビとバーチャル、どちらにも興味を持ってもらうきっかけになると嬉しい。放送局で面白いことをやっている、バーチャルって知らなかったけど面白そう、という風に観てほしいです。新人2人のパパとして成長を見守っていきます。」
スタジオで様子を見守る弊社代表(右)
■MRTバーチャルアナウンサーのプロフィール
ザキヤマくん 23歳/好きな芸能人:バナナマン/憧れる芸能人:星野源
好きな食べ物:宮崎牛・完熟マンゴー・芋けんぴ

れいみょん 18歳/特技:速読・アイドルダンス/好きな食べ物:主食はお菓子、特にスナック菓子/
好きな言葉:Make you happy!!

出演予定:報道情報番組『Check!』夕方4時50分~ ※毎週火曜が出演日
ミニ番組「お・す・す・め!」(随時)

新人紹介:MRTホームページ
https://mrt.jp/special/student_project/

 ◆川野武文MRTアナウンス局長
「今時の若者という印象。研修は『褒めて伸ばす』教育を心掛けます。
先輩たちのように番組レギュラー獲得を目指して頑張ってほしい」

■会社概要
会社名:株式会社モーゲンテック
URL:https://www.morgentech.net/
事業内容:3Dモデル開発制作事業・360動画企画制作事業
所在地:宮崎県宮崎市橘通東4丁目7番28号TOKWIA30ビル2階
設立:2020年12月24日
代表取締役:吉松大志

■お問合せ先
株式会社モーゲンテック担当:吉松大志
電話:070-4402-1774
E-mail:yoshimatsu_taishi@morgentech.net

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース