食べる

宮崎の「鰻料理 和ダイニング魚彩」が刷新 ランチや定食の新メニュー用意

本日のランチ(一例)

本日のランチ(一例)

  • 24

  •  

 宮崎の「鰻(うなぎ)料理 和ダイニング魚彩」(宮崎市佐土原町上田島、TEL 0985-74-2939)が12月1日、リニューアルオープンした。

ひつまぶし

 店主の齋藤麻里子さんは、18年営業した父親のウナギとコイの専門店「鰻料理 鯉(こい)料理 魚彩」を継ぎ、店名新たに和食中心のメニューに一新した。席数は28席。広い空間にテーブル席と座敷を用意する。

[広告]

 ランチには小鉢、サラダ、吸い物、香物、ご飯、肉か魚を選べるメインのセット(1,380円)を用意。日替わりのメインには一例として「手羽中の甘酢香味ソース」「白身魚のムニエル トマトソース添え」などを用意する。日替わりで提供する「本日の定食」(800円)には、牛すじカレーなどそろえるほか、「ランチ定食」には、小鉢、吸い物、香物、ご飯付きで「チキン南蛮」「せせり南蛮」「鶏からあげ」(各900円)や「豚肉の香味ソース」「タコライス」(各1,000円)を用意する。

 昼夜提供するウナギ料理は、肝吸い、香物、小鉢付きで「うな重」(2,800円)、「ひつまぶし」(2,600円)など提供。ディナーは「ニンニク丸揚げ」「揚げ豚足」「えのき南蛮」などの居酒屋メニュー(380円~)を多数取りそろえる。マルチョウの「モツ鍋」や、鶏ガラからだしをとる「キムチ鍋」(1人前=1,280円、4人前~提供)は前日までの要予約で提供。赤ワインのハイボール「赤ハイボール」やブドウ、ウメ、シソを入れた「梅酒の赤」(各450円)といったアルコールもそろえる。

 テークアウトは、「鰻弁当 鰻ハーフ」(1,500円)、「鰻一本」(2,400円)、「唐揚げ弁当」「チキン南蛮弁当」「せせり南蛮弁当」「牛すじカレー」(各650円)や一品料理も用意する。

 齋藤さんは「2代目の開店をお客さまに喜んでいただき、感謝している。子育てに追われているお母さんがホッと一息できて、気軽に立ち寄れる店にしたい」と話す。

 現在の営業時間は11時30分~14時、17時~20時(ディナーは予約のみ)。ディナーとテークアウトは当日13時まで受け付ける。ディナー=月曜、水曜定休。