食べる

宮崎のカフェ「ネオンチ」が1周年 古民家を改装し、スイーツやサンドイッチ提供

代表の長友早苗さん

代表の長友早苗さん

  • 41

  •  

 カフェ「ネオンチ」(宮崎市北高松町、TEL 0985-55-0150)が9月20日、1周年を迎えた。

レインボーサンドセット

 長友早苗さんと高妻彩さんが共同で経営する同店。友人同士であった2人は4~5年前から飲食店を出店する計画を立てていた。飲食店経営を目指し、長友さんは農業系の会社からパン店に転職、並行して料理教室に通った後、3年間料理とパンの講師を経験し、職業訓練校で調理師免許を取った。高妻さんも、長友さんと同じ料理教室で料理とケーキの講師を務め、飲食の経験値を積んだという。

[広告]

 新店舗は高妻さんの夫から「実家を使ってみては」と薦められ、築70年の古民家をリノベーションした。ネオンチという店名は、実家が空き家だった時に見つけて飼い始めた子猫「寧尾(ねお)」の名前に由来する。店のロゴは、寧尾がモデルになっているという。

 提供する菓子は全て手作りで、「今日のおやつ」を6~7種類用意。マカロン(塩キャラメル、ラズベリー、カシス)、「パブロバ」、「ダブルチーズケーキ」(各350円)などがある。

 お薦めの「レインボーサンドセット」は、6種の野菜を使ったカラフルなサンドイッチとスープがセットになったもの。ほかにも日替わりの「気まぐれサンドセット」や「ハンバーグドリアセット」(以上1,300円)も用意する。パンは自家製のフォカッチャで、店で焼く。国産オーガニックワイン(赤・白)(600円)や「ハートランドビール」(500円)も提供。9月22日~26日までは、1周年感謝企画を用意する。

 長友さんは「友だちの家に遊びに来るような感覚で来ていただきたいと思い、『ネオンチ』という店名にした。お客さまの憩いの場になったらうれしい」と話す。

 営業時間は11時~18時。月・日曜定休。

Stay at Home