食べる

宮崎に日本料理店「和房 季平」 「喧嘩軍鶏」使った料理提供

魚の種類によって熟成させたり鮮魚で提供したりしている

魚の種類によって熟成させたり鮮魚で提供したりしている

  • 45

  •  

 日本料理店「和房 季平(きへい)」(宮崎市中央通8、TEL 0985-86-6900)がオープンして、5月21日で2カ月がたった。

自慢の喧嘩軍鶏(シャモ)を使った唐揚げ

[広告]

 宮崎市で生まれ育った店主・金丸洋平さんは、市内の創作和食の店で修業を積み、その後宮崎郷土料理を提供する居酒屋で店長を務め、独立。「最初の店の大将から料理人としての基礎を学ばせてもらい、その後任された居酒屋で自分なりに一つ一つのメニューを工夫して作り替えた経験が今回の独立につながった。これまでの縁に本当に感謝している」と話す。店舗面積は12坪、席数は17席。

 同店では、金丸さんの知人のツテで、通常はほとんど流通しないという「喧嘩(けんか)軍鶏」を使った料理も提供する。メニューには「軍鶏唐揚げ」(700円)、「軍鶏根菜煮込み」(650円)、「初カツオ」(1,000円)、「天然真鯛(マダイ)」(1,200円)などの造り、「焼き佐土原ナス」(700円)、「チャーハン」(800円)などをそろえる。4,000円と6,000円のコースも用意し、喧嘩軍鶏料理のコースは6,000円。1週間以上前の予約が必要。「喧嘩軍鶏料理は常時提供する訳ではないが、コースだと確実に提供できる」と金丸さん。

 営業時間は17時~24時。月曜定休。

※一部内容を訂正いたしました。2023年5月24日

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース