食べる

宮崎に創作イタリアン「雑食堂」 材料の9割に宮崎の食材を使用

店主の福永崇志さん(左)と、スタッフの三島さん

店主の福永崇志さん(左)と、スタッフの三島さん

  • 43

  •  

 創作イタリアンレストラン「雑食堂The Shokudo」(宮崎市橘通東3、TEL 070-4763-1515)が4月3日、オープン2カ月を迎える。

「旭ガニとトマトのカッペリーニ」

[広告]

 延岡市出身の店主・福永崇志さんは宮崎市内の和食店で修業し、イタリアンレストランでの料理長を務めた経験を持つ。福永さんは「当店では和食とイタリアンを融合させた創作料理を提供している。旬を大切にその時においしい食材を使うため、メニューは都度変更する」と話す。店舗面積は約20坪。席数は、テーブル=16席、個室=1室6席。

 「スッポンと宮崎野菜のテリーヌ」(1,800円)、「鶏レバーと豚のリエット」(950円)、「きのこのスープ カプチーノ仕立て」(600円)などの単品メニューを用意。前日までの予約でコース料理(5,000円~)にも対応する。「全材料のうち、9割が宮崎の食材となっている。料理にはニンニクやトウガラシを使わず、食材そのものの香りや食感を楽しんでもらえるよう、味のバランスを大切に考えている」と福永さん。焼酎(600円~)、日本酒(850円~)、ウイスキー(600円~)などのアルコール類も充実させ、要望があればスタッフが料理に合ったものを選ぶ。

 「旬のものを楽しめる店にしていきたい。気負わず、気軽に利用していただけたら」とも。

 営業時間は18時~23時30分。定休日はインスタグラムで告知する。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース