見る・遊ぶ

宮崎でお笑いライブ「日野誠のおすべりライブ+チキンナンゴー」 毎月定期開催へ

日野誠おすべりライブ出演者。右から山下成美さん、日野誠さん、チキンナンゴーの山下翔太さん、ばぎーさん

日野誠おすべりライブ出演者。右から山下成美さん、日野誠さん、チキンナンゴーの山下翔太さん、ばぎーさん

  • 65

  •  

 お笑いライブ「日野誠人のおすべりライブ+チキンナンゴー」が、毎月定期開催される。

ライブ出演中の日野誠さん

[広告]

 発起人の日野誠さんは、お笑い芸人や「スーパーアイドル日野誠」として東京で活動後、6年前に地元宮崎に帰郷した。現在は、宮崎でラジオといったメディアで活動している。日野さんは「新型コロナウイルスの影響で、芸人がお笑いライブをする機会が減っている中、芸人も少ない宮崎で先導してお笑いライブを始めることで、お笑いの文化を築き上げていきたいと思った」と話す。

 共演は「吉本住みます芸人」や日南一本釣漁業アンバサダーを務める「チキンナンゴー」の山下翔太さんとぶぎーさん。日野さんとはラジオの仕事や、吉本芸人養成所・NSC東京の1期生と17期生という間柄でもあり、同ライブが実現した。

 7月3日には、ライブスペースも備えるショットバー「ポトリージョ」(宮崎市橘通西)で、記念すべき第1回目のライブを開催した。新型コロナウイルス感染対策にも気を配り、客数も定員の半数以下に抑え、ライブ中の飲食も禁止にした。ライブ当日は、演者もマスクをしながら参加し、漫才や一人コント、フリートークを交えたさまざまなネタを1時間弱ほど披露した。

 ぶぎーさんは「チケット代は誰でも気軽に観に来てもらえるようにと、1,000円に設定した。居酒屋に行くくらい気軽に足を運べるライブにしていきたい」と話す。「お笑いの力量は、どうしても東京で活躍しているかどうかが基準になってしまう。地方からでもお笑いのレベルを上げていきたい。ライブはネタを鍛え上げていく場でもあるので、漫才師日本一を決める『M-1グランプリ』に向け、新作を毎月披露していく予定」とも。

 個人での活動がメインの日野誠さんも、今回は「M-1グランプリ」出場を目指して、ラジオ番組で共演している山下成美さんと「まこととなある」を結成し、漫才を披露した。山下成美さんは「ゆるくすべらないように楽しくやれれば」と話す。

 ライブに参加した客は「初めてお笑いライブを見た。漫才師の勢いや空気感を楽しめた」と笑顔で話した。ライブ終了後は、手作りのチケット裏面を利用したミニサイン会なども実施した。

 山下さんは「少しでもお笑いの文化を宮崎に根付かせて、お笑いを見に来てくれる人を増やしたい。いずれは東京で活躍している宮崎の芸人を呼んでライブをしたい。ライブのお笑いは、テレビとはまた違った雰囲気がある。ライブのおもしろさを知ってもらえたら」と話す。

 日野誠さんも「このお笑いライブをみて、子どもたちが『お笑い芸人になってみたい』と思ってもらえるとうれしい。今後は出演者を増やしながら、最終的には市内の『メディキット文化センター』で開催したい」と意気込む。

 今後の開催日程などの詳細は決まり次第、出演者のSNSなどで告知する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース