食べる

宮崎・都城市が「飲食店応援プロジェクトサイト」開設 官民協力で飲食店応援

都城市公式ホームページ内に開設された「飲食店応援プロジェクト特設サイト」

都城市公式ホームページ内に開設された「飲食店応援プロジェクト特設サイト」

  • 51

  •  

 「飲食店応援プロジェクト特設サイト」が4月10日、都城市公式ホームページ内に開設された。

都城の有志によって展開されている都城の飲食店応援プロジェクト「TO GO MIYAKONOJO」

 同サイトは、新型コロナウイルスの影響を受けた都城市内の飲食店を支援するため市が開設した。活路を模索しテークアウトやデリバリーサービスを始めた飲食店の情報を集約することで、市民と飲食店をつなぐ橋渡し役となるのが目的で、掲載費用は無料となっている。公式ホームページのメイングラフィックに表示される「TO GO MIYAKONOJO」ロゴをクリックすると特設サイトページが表示される。4月30日時点の掲載店数は196店。同市では有志による都城の飲食店応援プロジェクト「TO GO MIYAKONOJO」が展開されており、同サイトは協力サイトの一つでもある。

[広告]

 サイト内では、新着情報、分野別のテークアウトメニュー、デリバリー範囲別の情報などを表示する。利用者は好みに応じて店を選択、テークアウトやデリバリー可能なメニュー情報を閲覧することができる。詳細情報には、店の住所、営業時間、電話番号といった基本情報のほか、テークアウト対応時間やテークアウトする際の注意点、お薦め商品情報なども画像入りで紹介する。

 同プロジェクトの終了期間は定めておらず、当面の間実施する予定。同市秘書広報課の平田弘志さんは「テークアウトやデリバリーした食事内容をSNSで発信する際、ぜひ『#togomiyakonojo』のハッシュタグで投稿してほしい」と話す。

 掲載店は随時募集中。特設サイト内のプロジェクト応募フォームで申し込みを受け付ける。

ピックアップ

Stay at Home