食べる 買う

宮崎に洋菓子店「Nancy Campbell」 老舗「押川春月堂本店」が出店

(画像左から)マネジャーの松永浩さんと常務の押川尚美さん

(画像左から)マネジャーの松永浩さんと常務の押川尚美さん

  • 52

  •  

 洋菓子店「Nancy Campbell(ナンシーキャンベル) 宮崎ナナイロ店」(宮崎市橘通西3)が9月3日、オープンした。

「卵メロンパン」

[広告]

 1926(昭和元)年創業「押川春月堂本店」(宮崎市)が手掛ける6店舗目。店舗のデザインと店名を考えた常務の押川尚美さんは「デザインは、今の世の中を『変える』という思いを込めカエルをモチーフにした。私の名前が尚美で『ナンシー』と呼ばれていたので、カエルを『ナンシーキャンベル』と名付けて、店名に採用した」と話す。

 同店限定商品の「卵メロンパン」(480円)は、他店舗の催事出店で全国を回り好評を得た生クリーム入りの「生メロンパン」(320円)をベースに開発。表面をパリパリに焼き上げたメロンパンの中に、卵のフィリングを入れた総菜系メロンパンに仕上げた。マネジャーの松永浩さんは「今後はポテトサラダメロンパンや焼きそばメロンパンなどとして種類を増やす予定」と話す。

 限定商品はほかにも、押川春月堂本店でも人気の「とろけるチーズケーキ」にソフトクリームを添えた「とろける生ソフト(プレーン、チョコレート)」(480円)や、ミルクせんべいをのせた「カップソフトクリーム」(380円)をそろえる。

 ほかにも、「南日本酪農」(都城市)の純生クリームを使った「とろける生チーズケーキ(チョコ、プレーン)」(1,280円)や、スポンジとチョコ生地の間に純生クリームと純生チョコクリームを重ねた「SOU BOX CAKE 想」、チーズケーキの上に生クリームをのせた「ズコット(プレーン、チョコレート)」(以上1,480円)などを提供。デニッシュ生地にチョコチップをちりばめローストしたナッツを入れた「チョコリング」(580円)や、きめが細かく口当たりがやわらかいという低温熟成発酵のパンにあんを練り込んだ「あん食パン」(1斤=680円)も用意する。

 押川さんは「一刻も早くコロナが収束し、通常の生活に『かえる』(戻る)ことを願っている。仕事帰りにも、気軽に寄ってもらえるような店にしたい」と話す。

 営業時間は11時~20時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース